「犯罪」のまとめ(1ページ)

2016年アメリカ大統領選”妨害”の資金源は「仮想通貨」|排除しなければいけないほど…

2016年のトランプ政権を勝利に導いたのは反対陣営のヒラリー・クリントン候補の私用メール問題がきっかけでした。当時のこの事件に関…

鈴木まゆ子

”無断”仮想通貨マイニングの16人、警察が検挙|違法の該当性に疑問の声も

Coinhiveなどによる仮想通貨の無断マイニングにより、先日16人が警察に検挙されました。警視庁はHPで無断でマイニングしない…

鈴木まゆ子

法定通貨は仮想通貨よりもマネーロンダリングに関わる|仮想通貨よりも優位性を高める必要…

仮想通貨が登場してから、今まで気にもしていなかった法定通貨(現物のお金)の問題点が取り上げられています。仮想通貨は犯罪に使用され…

仮想通貨まとめ編集部の志水

金融庁の行政処分で初の”強制撤退”になった仮想通貨取引所|私的流用、不適切な売買勧誘…

金融庁の厳格な規制により、これまで業務改善命令や自主的な申請取り消しなどがあった仮想通貨交換業登録業者。今回1社が初の「強制撤退…

鈴木まゆ子

仮想通貨とアメリカ選挙の”闇”な関係|各州と政治家の独断任せの現状、最悪”犯罪助長”…

2018年11月のアメリカ中間選挙に向けて、静かながらに「仮想通貨の政治献金問題」が各州でテーマになっています。2014年に問題…

鈴木まゆ子

GDPR(EU一般データ保護規則)とブロックチェーンの関係とは|「忘れる権利」「改ざ…

先月下旬、EU一般データ保護規則(GDPR)が発動しました。GDPRについてはブロックチェーンとの整合性が課題となっています。規…

鈴木まゆ子

仮想通貨がカースト制度を払拭か|ビットコインマイニングプログラムでインドの最下層民を…

仮想通貨の取引などの規制がきわめて強化されているインド。そんな中、仮想通貨を使ってカースト制度を払しょくしようという動きが出てい…

鈴木まゆ子

漫画村”勝手にマイニング”は「犯罪の可能性」|3年以下の懲役、50万円以下の罰金にな…

漫画村の「勝手にマイニング」で衝撃を受けた人が少なくありません。一方、この行為は犯罪になる可能性があると専門家が指摘。該当すれば…

鈴木まゆ子

流出したNEMの一部は「ダークウェブ」へ|知られざるダークウェブの実態、BCCCの勉…

今年コインチェックから流出したNEMの一部は「ダークウェブ」に流れたという確認情報が出ています。ダークウェブとは、その名の通り、…

鈴木まゆ子

英首相「犯罪の怖れのある仮想通貨は要チェック」|資金洗浄・脱税対策への強化の意向

イギリスのメイ首相が「犯罪のおそれのある仮想通貨については精査を真剣に行うべきだ」という旨の発言を行いました。以前から仮想通貨へ…

鈴木まゆ子

日本でも「脱・現金」の波が追いつく|「クレカ払い54.1%」>「現金払い52.9%」…

世界に類をみない現金大国の日本。しかし、昨年末の調査でカード払いの割合がついに現金払いの割合を超える結果となりました。クレカだけ…

鈴木まゆ子

高齢者から大学生まで仮想通貨投資|ブームだからこそ気をつけたいポイントとは

1年間で10倍に値上がりしたビットコインをはじめ、今年1年は仮想通貨ブームとなりました。数年前まであまり知られていなかった仮想通…

鈴木まゆ子

「仮想通貨で儲かった!」発言が犯罪を招く|数々の事件の発端は「情報」

仮想通貨ブームにともない、仮想通貨狙いの犯罪も急増しています。今年になり、儲かった人狙いの殺人や誘拐などが発生するようになりまし…

鈴木まゆ子

中国で仮想通貨取引所再開の見通し|ライセンス制やマネロン対策などをルール対策後

ICOも仮想通貨取引も禁じられている中国。数か月以内に、仮想通貨取引所が再開するとのことです。これについては日本と同じように登録…

鈴木まゆ子

「便利すぎる」悲劇|危険な「ダークウェブ」主流通貨はビットコイン

ビットコインやその基盤技術であるブロックチェーンが金融や非金融分野で活用されるようになりました。その秘匿性や改ざんへの強さなどが…

鈴木まゆ子

仮想通貨ビットコインから動く法律規制 「通貨ではない」が一転

昨年12月の報道では、日本の金融庁から今年提出予定の報告がありました。ビットコインなど仮想通貨を扱う取引所関連についての改正案が…

仮想通貨まとめ編集部の志水