SBIホールディングス北尾社長インタビュー、Coinpostで行われる

仮想通貨(暗号資産)リップル(XRP)イチオシで知られるSBIホールディングス社長の北尾吉孝氏。
同氏への仮想通貨(暗号資産)に関するインタビューが仮想通貨メディアCoinpostにより行われました。

今回は、その内容を簡潔にまとめてお伝えします。

今後は仮想通貨(暗号資産)の”実需”が生まれてくる

以前、決算説明会で「仮想通貨(暗号資産)の市場拡大には実需が必要」と主張していた同氏。

しかし、2018年以来、仮想通貨(暗号資産)市場は弱気相場となり、もう終わりだという声も世の中にはあります。

しかし、同氏はまったく意に介していないようです。

DLT(分散台帳技術)のテクノロジーを使用して、国際送金に利用するプラクティカル・ユース(実用性)がどんどんと広まってきており
XRPを使用する「xRapid」の利用がますます広まり、リップルネットに参加する企業数は大幅に増えていっている。
国際送金分野でRipple社の技術を中心として、次第に「XRP」も使った形で利用されるようになっていくのではないか

XRPが実用性という点で「ピカ一」

さまざまな仮想通貨(暗号資産)がある中で、XRPが実用性という点ではピカ一だとしています。
なぜかというと、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)は基本的にファンダメンタル・バリュー(企業の実体的かつ基礎的な価値)がないからです。

となると、仮想通貨(暗号資産)がどの方向を目指しているかがカギになります。

他の仮想通貨が国や金融機関と言った組織と無関係に動こうとしているのに対し、XRPはずっと金融機関フレンドリーの方向性でやってきました。

そのため、

Ripple社のソリューションは、金融機関にとってもプラスだし、顧客にとってもプラス
これはどんどん進めていくべきだというのが現在の国際送金です。
さらにXRPも使えば、もっと効率良くなるから、これを使いましょうと。

そして、XRPをR3社のプラットフォーム「Corda(コルダ)」の中で使えるようにしたいとしています。

このシステムの特徴的なのは、イーサリアム(ETH)と同じようにスマートコントラクトの機能を持っているという点
この両社が和解し、R3社もRipple社の「XRP」を使うという形にさせたい
コルダのシステム、「コルダ・セトラー」(コルダを活用したグローバル決済アプリ)の中で、XRPを使って決済をしていくようなメカニズムを作り上げたい

▼ただ、その一方、SWIFT(現在の国際送金システム)がCordaを統合▼

XRP以外にもビジネスチャンスあり

相変わらずXRPイチオシの北尾社長ですが、「XRP以外にもビジネスチャンスはある」とも言います。

関連するまとめ

コインチェック取引所!出金再開の見通し発表‼️仮想通貨を安全に保管するおすすめウォ…

コインチェックから数日中に出金再開の見通しをお知らせすると発表がありましたね!コインチェックに通貨を預けてい…

仮想通貨ヲタク清水聖子 / 15089 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。