イーサリアムクラシック(ETC)に51%攻撃発生

昨年からモナコインやビットコインゴールドなどへの「改ざん」攻撃として知られる「51%攻撃」。

仮想通貨価格全体が(昨日今日で変化があったとはいえ)低迷しているせいでしょうか。
ついに主要通貨も狙われる事態が発生しました。

Coinbaseは米8日、仮想通貨イーサリアム・クラシック(ETC)のブロックチェーン上で、ダブル・スペンド(51%攻撃)を含む【Reorg】行為を(2019/1/5)発見したと報道した
「現在進行中で発生しており、顧客の資金を保護するため、入出金を停止している」

Coinbaseにより明らかにされた被害額等は次の通りです。

影響されたETC:88599
報告時の金額:≒46万ドル(約4998万円)

※【追記】日本のビットフライヤー、コインチェックもETCの出入金を一時停止しています※

ETC公式デベロッパー、攻撃の状況を調査

イーサリアム・クラシックの公式デベロッパー団体は、最初はCoinbaseの報告を否定していました。しかし、

中国のセキュリティ企業(初めてネットワーク上の異常状態を検知しユーザーへ警告を行なった)SlowMistと協力
攻撃の状況を確かめながら、各仮想通貨取引所とマイニングプールにブロックの「確認数」を増やすように勧告

1月8日、51%攻撃発表後、ETC価格下落

イーサリアムクラシックは、価格が下落しており、8日朝7時時点では前日比10%弱の水準で推移している。

51%攻撃とは

51%攻撃とは、悪意のある特定のグループがハッシュレートの51%を支配することで、不当な取引を行うこと
攻撃対象となるのは「Proof of Work(PoW)」と呼ばれる、ビットコインも採用するアルゴリズムを採用する仮想通貨

イーサリアムクラシック(ETC)もこのPoWによりマイニングされる仮想通貨(暗号資産)です。

この51%攻撃による主なダメージとしては、

関連するまとめ

仮想通貨XRP”xRapid”がイギリスで”快進撃”|Euro Exim Bank「…

仮想通貨リップル(XRP)が国際送金の場面で「実証実験」ではなく「実用」の面ですでに広がっているようです。イ…

すずきまゆこ / 854 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。