2019年1月3日はBTC”実質的な10歳の誕生日”「ブロック・ジェネシス」

日本時間、2009年1月4日03:15、ビットコインの最初のブロック(ブロック0)が生成された。

仮想通貨の主要通貨でありそもそもの始まりであるビットコイン。
このビットコインが理論的に誕生したのは2008年10月31日(ナカモトサトシの論文発表日)ですが、実際にブロックが生成されたのは2009年1月3日でした。

2009年1月3日、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物によって、最初のビットコインブロック「Genesis Block」が生成された。
その後、同年1月12日にビットコイン世界初の取引がナカモト氏と最も重要なパートナー「Hal Finney」氏の間で記録された。

今年の1月3日はビットコイン10歳の誕生日。
ブロック・ジェネシスという記念日にちなみ、さまざまな動きがありました。

Bitmex「ビットコイン、10歳おめでとう」

まず、英タイムズ紙にお祝いの言葉を表現したのは香港拠点の仮想通貨取引所Bitmex(ビットメックス)▼

サトシには借りが一つ出来たね。ありがとう。

ビットコインの”生誕10周年”おめでとう!

CoinbaseCEO「ビットコインは私の初恋」

また、米最大の仮想通貨取引所CoinbaseのCEOアームストロング氏は次のように告白▼

ビットコインは歴史上最も重要な発明のうちの一つ。
エコシステム全体が成長するのは素晴らしい

そして、

2010年に初めてサトシ・ナカモトによるビットコインのホワイトペーパーを読んだアームストロング氏。
6カ月間、寝ても覚めてもBTCばかりを考えていたとのこと。まさに”恋”ですね。

ビットコインは、コインベースの顧客にとっても未だに最も人気の高い仮想通貨である
「ビットコインの潜在力はまだ最大限発揮されておらず」、「まだ始まったばかり」

▼アームストロングCEOについてはこちらから▼

ビットコインSV、新ロゴマーク発表

関連するまとめ

ビットコインが日常生活に使われている人口8万人の孤島とは|タックスヘイブンの温床にも

先進国ではビットコインを含めた仮想通貨は、国の通貨の補助的な存在として位置づけられることが多いものです。飲食…

鈴木まゆ子 / 7904 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。