2017年以降、仮想通貨詐欺は多発

2017年の高騰以来、仮想通貨を知らない人はいないでしょう。
仮想通貨という新たな資産の登場と普及は、同時に「詐欺」などの被害の可能性も高めます。

事実、仮想通貨関連の詐欺被害は2017年以降急増しています。

法律相談「仮想通貨を友人に勧められて買ったら損した!取り戻せる?」

そんな中、女性向けサイト「Suits-Woman.jp」で「仮想通貨を友人に勧められ、買ってみたところ大損した」という相談が弁護士に寄せられました。

今回はその相談内容を軽くご紹介いたします。

相談内容

ある日、投資仲間の友達から『絶対もうかるし、億単位の利益になった人もいるんだよ』と言われて、暗号通貨に投資しました。
その暗号通貨は、ビットコインのようなメジャーなものではなく、これから新しく盛り上がっていく通貨

そして「草コイン詐欺あるある」なのですが、セミナーに行き、「BTCがドルならこのコインは円だ」と言われ、セミナーのパワポには有名な大学教授などの名前がずらっと並んでいたのだとか。

一般的にはまだ買えないので、友人にお金を託して、運用をお願いしたのです

ところが、

投資した暗号通貨が破綻。大暴落どころか、全く無価値になり、200万円がパーになりました。
友人は私に詐欺行為を働いたのだと思います。これを何とかして取り返したい

ということで、投資したお金を友人に弁償してもらうことが可能か、という相談でした。

弁護士の回答は

結論から言うと、

そして、このケースでいうと

なぜかというと、

友人はどこまでわかっていてあなたに勧めたのか、質問内容からはわかりません
。しかし、だますつもりがあったのかどうか、またあなたをだまして友人が利得を得ようとする意思があったとまではいえない気もします。

関連するまとめ

仮想通貨「お金」の避難場所か|借金“米20兆ドル+日本1080兆円”は警告

借金大国である「アメリカ20兆ドル(約2300兆円)と日本1080兆円」は、実は返済能力がないと言われており…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5164 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。