時々”少額決済”で話題になるライトニングネットワーク(LN)

ライトニングネットワーク(LN)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
仮想通貨について投資(投機)だけでなく、決済手段や技術面でも着目している人ならば1度は聞いたことがある用語かもしれません。

かつて仮想通貨は「スピード・確実性の点で決済手段として優れている」と言われていました。
しかし、多くの人が仮想通貨を手にするようになり、マイニングにコストがかかるようになった今、そうとも言い切れないのが現状です。

その決済スピードの解決策の一つがライトニングネットワークだといわれています。

ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術

ただし、何もなしでできるわけではありません▼

ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須

セグウィット(Segwit)とは、トランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術のこと。2017年のBTC分岐の際に非常に話題になりました。

つまり、データ量を圧縮し、オフチェーン上でトランザクション(取引)をまとめる作業を行うことで、オンチェーン上での作業を減らしてマイクロペイメントを実現するわけです。

かつて仮想通貨はマイクロペイメントに向いている、と言われていましたが、BTCやETHなどメジャーコインでは現在それが困難になってきています。

ビットコインはブロックの生成時間に送金速度を依存しています。
ビットコインは 10分間 / 回 しかブロックを生成できません。
そのため、最短でも着金して届くまでに 10分 かかります。

けれど、

ライトニングネットワークであれば秒速で送金することができます。

また、

ビットコインは 1秒間 につき7件の送金しか処理することができません。
クレジットカード決済でも 1秒間につき 4500件ほどの処理能力

一方、

ライトニングネットワーク上では1秒間につき 1000件 以上を処理できるようになります。

マイクロペイメント(少額決済)の問題点

コーヒーや動画や書籍といった「少額」の決済は日常的にあふれています。
しかし、ここで問題になるのが「手数料」。

少額決済であっても手数料は低くならないのです。

たとえば、動画視聴などで「1秒に0.1円という決済」があったとします。

今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5-10円程かかってしまう

決済金額より手数料が高いなんてばからしいですよね。
かつてこの手数料問題は仮想通貨決済が解決したはずですが、今は違います▼

細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまう

LNと同じく少額決済を実現する考え方としてペイメントチャネルというものがあります。
ペイメントチャネルとは、オフチェーンを用いて少額の決済を可能にしたサイドチェーンをつかった技術です。

仮にAが支払いをする人、Bが受け取る人だとすると、

1.オンチェーンで双方のサインがないとそこから資産を動かせないマルチシグ(多重署名)のアドレス(ABとする)にデポジットを送ります。(=ペイメントチャネルを作る)

2.オフチェーンでABからA,Bそれぞれに秒単位のトランザクションを作ります。

3.オンチェーンで最終的なトランザクションだけを決済します。

オンチェーンでのマイニングは少なくて済むのですが、相手ごとの別々のチャネルを作らなくてはいけないという点です。
参加者が大人数になると、マイニングが必要なトランザクションは減ってもチャネルが多いため、結局スケーラビリティが問題になります。

関連するまとめ

エイベックス他企業は仮想通貨事業を含め定款変更|日本の逆行とはざま

成長に欠かせない仮想通貨関係の導入の可能性を考え、エイベックスなど異業種30社の定款変更が相次いでいます。日…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6072 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。