Facebook,ブロックチェーン関連人材を自社サイトで募集

以前から「ブロックチェーン関連でちょこちょこ動きがある」とされていた大手SNSフェイスブック。

フェイスブックが自社のキャリアサイトでブロックチェーン関連の人材を募集しています。
12月10日現在、5つのブロックチェーン関連の求人募集があるとのこと。
募集職種には、ブロックチェーン関連のデータサイエンティストやソフトウェアエンジニア、プロダクト・マーケティングなどがあります。

同社キャリアサイトでは、「自社はブロックチェーンの活用に関心がある」としたうえで、その意気込みを次のように記しています。

私たちの究極の目標は、ブロックチェーン技術を介して、アクセスを持たない何十億人もの人々を助けることだ。
それは金融サービスや、情報保存する新しい方法、もしくは情報を共有するための新しい方法になるだろう

Facebookとブロックチェーンのこれまでのかかわり

一時、独自仮想通貨を発行するのではないか、という噂もありましたが▼

仮想通貨についてはどちらかというと厳格なようです。仮想通貨ブームが沈静化するにつれ、仮想通貨広告を制限するようになった時期がFacebookにはありました(他のSNSも同様)。

一方、ブロックチェーンには関心が元から強かったようです。

今年5月、ブロックチェーンの研究チームを立ち上げた
コインベースの取締役を務めたデビッド・マーカス氏がチームのトップに付いた
フェイスブックが仮想通貨・ブロックチェーン分野に本格的に進出するのではという観測も出ていた

この背景には、当時メディアで取り上げられていた「Facebookの個人情報流出問題」があるのではないか、とも言われていました。

そして9月には、フェイスブックの本社の採用枠で「ブロックチェーン領域における事業開発と提携のトップ」の採用募集が行われました▼

これらFacebookの動きを追跡・報道している米メディアThe Blockでは、Facebookのブロックチェーン技術開発が最終段階にきているのではないか、と推測しています。

フェイスブックのような大手テック企業は製品のリリースが近づいてくると、ブランドマーケティングの人材を雇用するのが一般的

そして、The Blockがビジネス系SNSリンクトインでFacebook従業員を検索すると次の事実が明らかに▼

エンジニアリングやデザイン、セキュリティ、法務、パブリックポリシー、リスクオペレーション、マーケティング、採用など、ブロックチェーン関連の検索結果が出てきており
幅広い分野でブロックチェーンの業務が進んでいるようだ。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

関連するまとめ

IBM、1週間にブロックチェーン特許を”6つ”取得|オーストラリアやサウジアラビアと…

ブロックチェーン分野におけるIBMの快進撃が止まりません。1週間にブロックチェーンに関する特許を取得したと報…

すずきまゆこ / 3138 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。