米VCフレッド・ウィルソン氏「2019年の仮想通貨市場は”強気相場”に」

年初の期待とは大きくかけ離れ、下落と低迷を繰り返した2018年の仮想通貨市場。
人によっては「もうぺんぺん草すら生えない」とする一方、「まだ下がる」とする声もあります。
ユーザーとしては「もうこれだけ痛い思いをしたんだから、そろそろ値上がりしてもいいでしょう」と思いたいところ。

そんなユーザーに、米ベンチャーキャピタリストのフレッド・ウィルソン氏は希望の光を与えてくれるかもしれません。

ウィルソン氏は、ニューヨークに拠点を置くベンチャー・キャピタル企業のユニオン・スクエア・ベンチャーズの共同創業者。
TwitterやTumblr、Zyngaといったデジタル関連の産業に早くから投資を行っていたことで知られています。

ある意味「デジタル産業の専門家」でもある彼の目に、2019年の仮想通貨相場は明るく映っているようです。

そして、現状については次のように指摘▼

底値を見つけるプロセスは2019年のうちに終わり、徐々に新たな強気のフェーズに移行する

そして、

次の仮想通貨の強気相場に向けた推進力となるのは、2017年に作られたいくつかの「約束」を果たすことによってもたらされる

たとえば、

イーサリアムの競合となるような次世代のスマートコントラクトプラットフォームの登場

「2019年はステイブルコインの飛躍の年」

2019年はステーブルコインが仮想通貨の飛躍的な進歩と一般消費者への導入で役割を果たす

「ブロックチェーンゲームの革新に無用の規制がかかる懸念あり」

さらに、代替不可能なトークンであるNFT(Non-Fungible Token)や仮想通貨ゲームなどについても触れていますが、懸念事項について指摘

質の高いプロジェクトをターゲットにし、害を及ぼすような、規制当局による見当違いの行動
この(仮想通貨の)セクターでは、詐欺やハッキング、失敗したプロジェクト、投資が無価値になるといった、あらゆる種類の失敗が今後も出現する

ウィルソン氏「もう仮想通貨は”安全な避難先(Heaven)”ではない」

関連するまとめ

世界で見る「お金の総量」ビットコイン市場流通|増える価値と減る価値

お金の価値はどこで決まるのだろうか。世界規模で見て、どのぐらいあるのだろうか。限りある資源の価値を知る

元)仮想通貨まとめの志水 / 3886 view

すずきまゆこ

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。