何かと話題に出てくる仮想通貨マイニング最大手Bitmain社

仮想通貨界隈で情報を集めているとき、何度もBitmain(ビットメイン)の話題を目にしたことがある人は少なくないかと思います。

ビットメイン社は世界最大手の仮想通貨マイニングの会社。
仮想通貨規制が厳しい中国・北京に拠点を置き、大規模なマイニング施設をもってビットコインなどのマイニング事業を営んでいます。

この他、個人マイナー向けにマイニング機器の販売も行っています。

このビットメイン社の共同創業者の一人が、中国人のジハン・ウー(Jihan Wu)です。
彼は単にビットメインを運営するだけでなく、さまざまな仮想通貨事業に関与。さらに、ビットコインキャッシュの信奉者であることで知られています。

ビットメインCEO”ジハン・ウー”とは

しかし、大学の”ダブル・ディグリー(一定期間に複数学位を取得)”システムにより、次のようなことも学んでいたとの情報も▼

経済学では金融を専攻し、貨幣システムの歴史について学んでいた

卒業後はVCへ、そして2011年ビットコインに出会う

大学卒業後はアグレッシブな投資を行うベンチャーキャピタルに在籍

そして、ビットコインの将来性や革新性を認めた後、

友人とともに「8Btc」というビットコイン情報を中心とした交流プラットフォームを創立

さらに、ビットコイン概念の発案者であるサトシ・ナカモトの論文の中国語翻訳を作ろうとするなど、精力的に活動を始めます。

2013年、ビットメイン社設立

2013年、ジハン・ウー氏はマイクリー・チャン氏とともに、ビットコインのマイニング関係の企業である、「Bitmain社」を共同で設立
Bitmain社は本社を北京に置き、アムステルダムや香港、テルアビブ、青島、成都、深圳に支社を持っています
現在では、BITMAINの採掘マシーンは世界シェアの過半数を占めています。

マイニングに関しても、

主にビットコインのマイニング(採掘)を行っていて、マイニングにおける計算回数であるハッシュレートは世界シェアの約40%を占めています
イーサリアムやダッシュ、ビットコインキャッシュといった仮想通貨のマイニングも行っています

関連するまとめ

主婦が仮想通貨で稼ぎすぎたときの注意点②|社会保険、国民健康保険、保育料などなどに影…

主婦が仮想通貨で稼ぎすぎた場合の注意に関する続きです。今回は税金以外についてお伝えします。稼ぎすぎれば税金だ…

鈴木まゆ子 / 13633 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。