クロスチェーンは2018年以降の仮想通貨の課題

「安心かつ便利に仮想通貨を使うことができる」

これが現在の仮想通貨の課題です(投機による損得は課題ではありません)。

本来、現金や預金よりも便利な決済機能であるはずですが、現状では取引所を通したりしないと両替がなかなか行えないのが現状です。

それを解決するのがクロスチェーン。
クロスチェーンでの両替が「一般的」になったら、それこそ仮想通貨が一気に普及する可能性があります。

クロスチェーンとは何か

冒頭でもお伝えしたように、現時点では仮想通貨の両替は取引所に依存することが多いもの。
ただし、そこには欠点があります。

まず、取引所のセキュリティリスク。
取引所ウォレットは安全だとは言い切れません。

次に両替するのに手数料がかかること。

また、このほか、現実の仮想通貨の送金には時間がかかることが多いのです。
BTCも瞬時に送金・着金が実現するわけではありません。
タイミングを逃し、思わぬ差額で痛い思いをすることもあります。

これを解決するのがクロスチェーンです。

クロスチェーン取引では、直接ビットコインのブロックチェーンからイーサリアムのブロックチェーンへ通貨を換金できます。
取引所を介さずにブロックチェーンをつないで通貨の交換ができる

そして、実現するのはアトミックスワップという技術です。

アトミックスワップとは

アトミックスワップは異なる仮想通貨同士で取引できるシステム

こういうこともありうるのですが、アトミックスワップでは「完全成立」か「完全取引なし」のどちらかしかありません。

AさんとBさんで両替した場合

AさんとBさんで両替した場合

両替するということは、一方にBTCを送付し、相手からLTCをもらうという取引をも意味します。

ここで、「AさんがBさんにビットコインを送り、BさんがAさんにライトコインを送る」という取引を考えたとすると、中には「もらうだけもらってこっちの仮想通貨は上げない」という人も出てきます。

AさんがBさんにビットコインを送ったのに、Bさんはライトコインを送らずにバックレてしまう可能性

けれど、アトミックスワップでは、このリスクを「成立するか不成立かのどちらかしかないシステム」で低減させます。つまり、

アトミックスワップでは中途半端な取引は認めておらず、その取引が全くなかったことになります。

そのため、

この仕組みのおかげで、全く信頼のない赤の他人にも安全に送金できる

クロスチェーンのメリット・デメリット

クロスチェーンを使うということは取引所を介さなくていいということ。
そのため、簡単に仮想通貨の乗り換えを行うことができます。

仮想通貨によって長所・短所は異なります。
ビットコインのように安全性が高い代わりに決済スピードが遅いものもあれば、ライトコインのように決済スピードは速いけどセキュリティ面は劣るものもあります。

これを、▼

買い物をした時とか飲み代を払う時とか支払いが必要な時に、小銭をビットコインからライトコインに替えて払うということが可能

メリットは

関連するまとめ

家賃のビットコイン決済は不可能?生活費のビットコイン決済はどこまで進んでいるの?

公共料金がビットコイン決済できたら、とても身近になりますね。 現在、公共料金のビットコイン決済はどこまで進ん…

ねもとあい / 3909 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。