米ナスダックが仮想通貨に技術提供を検討

仮想通貨の話題によく上がるのが「ナスダック」。
ナスダックそれ自体が仮想通貨を取り扱うということは現段階ではないのですが、セキュリティトークンのプラットフォームの立ち上げやブロックチェーン関連の特許の取得などがしばしばニュースになります。

ナスダックは1日公開した資料の中で、「1971年の開設以来、これまでナスダックが培ってきた証券や通貨の監視の独自ツールが、相場操縦などのトラブルに見舞われている仮想通貨取引所の役に立つかもしれない」としました。

規制当局やブローカー、そして取引所は全ての取引を監視して、先端技術を駆使してパンプ・アンド・ダンプ、インサイダー取引、仮想売買やスプーフィング攻撃などの違法行為が行われていない事を常にチェックする監視チームを持っている

そして既にNASDAQの市場監視技術を採用している仮想通貨取引所もあります。
「現在では頻繁に取引所から連絡が来る」とナスダックは明らかにしました。

現在1-2週間に一回はアプローチされる。

ただし、すべての取引所に提供を検討しているわけではありません。

しかし多くの企業(仮想通貨取引所)はまだ早いステージにいて、評判が良い訳ではない為、全ての企業と提携をするとは限らない。

仮想通貨取引所Geminiではナスダック技術を採用

NASDAQの市場監視技術、通称SMART技術は、すでにウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Geminiで採用されているとのこと。

Geminiについては、一時、ナスダックとの共同事業のウワサが流れていました。

この他、SBIバーチャルカレンシーズとその他3つの仮想通貨取引所がGeminiと同じく、NASDAQの監査技術を採用している模様です。

ナスダックは仮想通貨の可能性について前向き。
以前から、仮想通貨の有用性に着目する発言が繰り返されています。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

BMW、仮想通貨の報酬システムをマイレージ追跡に活用|ブロックチェーンシステムに自動…

大手自動車メーカーBMWが自社リースの車両の走行距離を追跡すべく、仮想通貨ベンチャーのDOVEと共にブロック…

鈴木まゆ子 / 2769 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。