仮想通貨ニュースでしばしば目にする企業名”eToro”

仮想通貨ニュースに日々接していると時々出てくるキーワード”eToro”。

仮想通貨の決済手段への可能性などについての予測のニュースでeToroのキーワードが出てくることも。

また、昨年初夏にはロンドンで巨大な看板を仕掛け、仮想通貨を宣伝したのもeToroでした。

「イギリスの仮想通貨企業」と呼ばれていますが、どうも取引所そのものとはちょっと違う様子。
eToroはどのような会社なのでしょうか。どういった強みがあるのでしょうか。

世界最大級のソーシャル取引仲介プラットフォームeToroとは

eToro(イートロ)は、為替取引・株取引・商品取引などを提供する世界最大級のSNSトレードです。
2018年7月時点で2億5,000万人以上のユーザーが利用

▼取り扱い仮想通貨は▼

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
イオス(EOS)
エイダコイン・カルダノ(ADA)
ステラー(XLM)
イーサリアムクラシック(ETC)
ネオ(NEO)
アイオータ(IOTA)
ダッシュ(Dash)

※先日、この取り扱い仮想通貨にBNB(バイナンスコイン)が加わりました。

非常に興味深いのですが、

…日本とアメリカは規制が厳しいですしね。日本だとダッシュの取り扱いはアウトです。

アナリストのボリ平さんは「市場動向分析」に活用

なお、仮想通貨アナリストとして有名なボリ平さんは、かなり前からこのeToroを活用している様子▼

個人的には、かれこれ9年前からFXや株価CFDなどのトレードにeToroを活用しています

そして現在は、

eToroの特徴

では、eToroの特徴として、どのようなものがあるのでしょうか。

取引はすべてCFD取引

関連するまとめ

アルゼンチンで仮想通貨ビットコイン取引急増中|法定通貨ペソ安止まらず…9月にはインフ…

アルゼンチンで仮想通貨ビットコインの取引高が急増しています。背景には8月から懸念されていた法定通貨ペソの価格…

すずまゆ / 2189 view