ナゼ、どんなに下火になろうとも、
仮想通貨の
「時価総額が10倍になる」
ビットコインは
「1億円の価値になるかも」

と、言われるのでしょうか。

また、既存の「金融業界」の仕事を奪うとも言われるのでしょうか。
発言とその理由を取り上げました。

数年以内に仮想通貨市場時価総額が「10倍」になる

ビットコインが上昇局面に突入すれば、仮想通貨市場の時価総額は現在価格の10倍になる――。
米仮想通貨投資企業Pantera Capitalの共同最高投資責任者ジョーイ・クリュッグ氏はBloombergに対し、
時価総額は2兆ドル規模にまで膨れ上がるとする自身の見解を語った。

ただし、仮想通貨に今足りないことの解決は必要であるとしています。

内容としては、
取引における「システムやネットワーク」などの
処理能力の度合いをを高める必要があると指摘。
こうしたスケーラビリティー問題が改善されなければ、
そもそも仮想通貨市場の流動が
大きくならないことがあげられるとしています。

また、仮想通貨やブロックチェーン(分散型取引台帳)などの技術はまだ完全に整備されていないとするも、
「数年以内にはいくつかの仮想通貨はVisaやMastercardのような規模のサービスにまで成長するだろう」と予測する。

今までも言われてきた指摘箇所、
そして、不足していると考えるも、
まだ歴史の浅い仮想通貨には成長すると思われる余地や、
改善される兆しが見込まれるということになるのでしょうか。

今後の仮想通貨価格の動きについては「底を打った後に一定の値幅での推移を続け、上昇に転じる」と、しばらくの間は足踏み状態になる可能性を示唆した。

仮想通貨が爆発したのは多くは投機目的でした。
しかし、それでも、

「私は、投資や投機といったものが普及の一部であると捉えている。

そう述べたのは、
CNBCが主催したCrypto Trader会議にて、
仮想通貨投資企業1Confirmationの創業者でもあるNick Tomaino氏

投機だけでも、仮想通貨市場が2000億ドル(約22兆円)から数兆ドル(数百兆円)にまで拡大することが可能であると考えているのだ。
この新興資産クラスを国際的な視点で見た場合、それは実現可能だと思う。」

低迷している仮想通貨の価格ですが、
それでも時価総額が上がるとみる発言の根拠については、
下記の通り述べられています。

「私の見解では、過去未来を含む、数十年のマクロトレンドとして、政府や大手機関への信頼性の低下が挙げられる。
このトレンドはさらに高まり、仮想通貨への流入につながる。これは、大手企業や政府への信頼から、ブロックチェーンへの信頼という人々の文化的な移行を示唆している。」

仮想通貨ビットコイン「1BTCが1億円以上」になるのか

仮想通貨ビットコインが100万ドル(約1億1200万円)の
価値をもつことになる予測が伝えられました。

これは、デジタル通貨の支払サービスを手がける
マネーボタンのライアン・チャールズCEOが述べたもの。

しかし、ここには、もちろん“条件”があります。
それは、仮想通貨ビットコインが、
「ワールドマネー」になること。
その実現は可能なのでしょうか。

関連するまとめ

仮想通貨リップル(XRP)下落、60円割れ|「SWELL2018」閉幕間際が原因?B…

リップル社主催の国際カンファレンス「SWELL2018」の開幕に合わせ、小幅な上昇トレンドを示した仮想通貨リ…

すずきまゆこ / 1723 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。