連日ステーブルコインの話題にが集中しています。
今度はGMOが日本円と連動する仮想通貨発行へ踏み切りました。
ステーブルコインとは裏づけのある仮想通貨の総称のようなもの。

「GMO Japanese YEN(GJY)」を、
2019年度に、いよいよアジア地域で発行するようです。

裏付けのある安定した仮想通貨の話題なんて、
つまらないという方に・・・今夜21時頃にもひと記事、
仮想通貨の話題をお届けいたします。
LINE@では配信しませんので、サイトにアクセスくださると嬉しいです。

「GMO Japanese YEN(GJY)」は、独自の円ペッグ通貨

GMOインターネットは10月9日、日本円と連動する仮想通貨
「GMO Japanese YEN」(GJY)の発行を2019年度をめどに始めると発表した。

「GJY」=ティッカーシンボル

アジア地域に向けて発行し「信用力のあるボーダーレスな取引を支援する」(同社)という。

連日ご紹介させていただいているので、
ステーブルコインとは?は既にご存じのことと思います。

一般的な仮想通貨と異なり価格変動(ボラティリティ)が
ほぼ少ない安定した仮想通貨。

その安定の裏付けとは、
法定通貨であったり他の仮想通貨など、
交換レートが1対1に固定されています。
もとの裏付けにある程度の資金がなければ、
その担保が裏づけとはならないとも言えます。

ステーブルコインについてもう少し詳しくお知りになりたい方は、
よろしければ過去記事をご覧くださいね。▼

「GMO Japanese YEN」 は、法定通貨である日本円により価値を裏付ける等の方法で安定性をもたせたステーブルコインと呼ばれる仮想通貨で、

信用となる裏付けは「GMOが保有・交換価値保証」

日本円との等価になるとしていますが、その保証と呼ぶ裏付けは、

発行通貨相当の日本円をGMOインターネットが保有し、交換価値を保証する。
GMOインターネットは、子会社のGMOコインを通じて仮想通貨取引所「GMOコイン」を運営している他、
仮想通貨マイニングマシンを開発・販売したり、ビットコインをゲームアプリの報酬として配布するサービス「CryptoChips byGMO」を提供したりと、仮想通貨事業へ積極的に乗り出している。

仮想通貨交換事業は2017年5月に開始、
同年12月には仮想通貨マイニング事業を、
そして、仮想通貨の決済事業に参入したいという考えのもと、
今回のステーブルコイン「GMO Japanese YEN」の発行に至ったものと思われます。

GMO、ステーブルコイン発行は「仮想通貨決済事業参入」への一歩

ステーブルコイン「GMO Japanese YEN」の発行が、
仮想通貨の決済事業に参入を見据える一歩になると捉えられるのか、それは▼

関連するまとめ

インド中央銀行(RBI)スタンス変更?「仮想通貨は金融システムを脅かさない」|地元警…

これまで仮想通貨全面禁止を訴えていたインドの中央銀行にあたるインド準備銀行(RBI)。そのスタンスが最近変化…

すずきまゆこ / 768 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。