PwCがCredの安定通貨をサポート

10月8日に、世界最大級の会計事務所PwCが、仮想通貨関連スタートアップCredと提携したことを発表した。両社は、米ドルに裏付けられた新しいステーブルコインの開発を進めていくことが明らかになった。
PwCは分散型融資企業クレッドと提携し、米ドルに連動する新たなステーブルコインを開発。「100%の透明性と価値の実証のため」会計で培った専門性を活かすという。またPwCは、ステーブルコインへの信頼の欠如によって多くの投資家が仮想通貨業界に参入していないと指摘。ステーブルコインを裏付けるのに十分なドルが準備されていることを監査することで「仮想通貨に次の1億人を案内するだろう」とみている。

Credとは?

Credは、分散型国際貸付プラットフォームを運営し、いつでもどこからでもクレジットを利用できる体制を整えている。また同社は、PayPalのフィンテック部門のベテラン達によって創業され、サンフランシスコ、上海、ミュンヘンを始め、世界各地にオフィスを有している。
Credの共同創業者で代表取締役を務めるDan Schatt氏は、今回のPwCの仮想通貨業界への参入に対し以下のようにコメントしている。

「PwCの仮想通貨コミュニティへの大々的な取り組みは、一般投資家、メインストリームの金融サービス提供業者、仮想通貨ファンに対し、世界が、信頼できる第三者機関の必要性を超えた、分散型、透明性、説明責任といった所に向かっているという非常に強いメッセージを示唆している。」

ステーブルコインとは

フィアット(法定通貨)を担保にして発行することで、その通貨と同等の価値を維持する仕組みをもった仮想通貨のこと。基本的に対応したフィアットの価格に連動する。代表的な例はUSDTで、1USD=1USDTで価格が安定する仕様だ。
ステーブルコインではテザー(USDT)が有名だが、本当に1ドルと裏付けできる十分な現金準備を保有しているのかが疑問視されていたり、昨年末のビットコイン価格急騰はテザーによる価格操作とする論文が発表されていた。

安定通貨の高まる競争

法定通貨に裏付けられている安定通貨(Stable Coin)は、ここ数ヶ月で急激に注目されるようになってきており、PwC以外にも多くの企業が進出してきている。

過去にUberやAirBnBなど数多くのプロジェクトを成功させてきたアメリカのベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz社は、米ドルに裏付けられた安定通貨DAIの価値や信頼性を保証する仮想通貨Maker(MKR) に約17億円の出資を行った。
米ドルに裏付けられた仮想通貨テザー(USDT)も仮想通貨取引で人気を誇っているが、実際その通貨が米ドルに裏付けられていないのではないかという疑惑もコミュニティ内から挙がっている背景からも、このような大手金融機関の参入は仮想通貨業界にとって喜ばしい状況であると言える。

世界最大級の会計事務所PwCが、仮想通貨関連スタートアップCredと提携したことを発表しました。両社は、米ドルに裏付けられた新しいステーブルコインの開発を進めていきます。

ステーブルコインへの注目はここ数ヶ月で大幅に高まり、VC企業のAndreessen Horowitzや、IBMなどの有名企業もこの分野に参入してきています。

ステーブルコインではテザー(USDT)が有名ですが、本当に1ドルと裏付けできる十分な現金準備を保有しているのかが疑問視されていたり、昨年末のビットコイン価格急騰はテザーによる価格操作とする論文が発表されたりと、何かと話題になっていました。

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです