イギリスのパブで仮想通貨決済OKに

仮想通貨決済がOKな場面が増えています。

イギリスの有名パブ「ブリュードッグ」が、仮想通貨ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)での支払いを受け付けるとのこと。
同社が公式サイトで発表しました。

仮想通貨での支払解禁となるのは、2018年10月にオープン予定のブリュードッグ カナリー・ワーフ店。
ビールを中心に支払いを上記2種類の仮想通貨で受け付けるほか、先着100名には追加特典としてBCHウォレットへのチャージもサービスする。
「決済スタート記念として、ドアを通過した最初の100人は、£12から£100までの好きな金額のBitcoin Cash Walletを獲得することになります!

“To celebrate, the first 100 people through the doors will score a Bitcoin Cash wallet loaded with anywhere from £12 to £100!”

ビットコインキャッシュ(BCH)の仮想通貨ATMはロンドンが最多

現在、ヨーロッパ全体で仮想通貨ATMが増えています。
そのうち、ビットコインキャッシュ(BCH)のATMがもっとも多いのがロンドンです。

イギリス全体で仮想通貨決済が増えている

イギリスでは仮想通貨決済の導入が急速に進んでいます。もともとキャッシュレス化が進んでいたイギリスですが、仮想通貨決済はそのキャッシュレス化の一翼を担っているかもしれません。

デジタル・クリエイティブ産業大臣のマーゴット・ジェームズ氏は「ブロックチェーン技術は将来性があり、積極的に採用したい」との考えを示したことが影響しています。

また、ロンドン在住の投資家のうち30%は仮想通貨投資を考えているとのこと。

仮想通貨へ投資を考えているロンドンの投資家は、イギリス国内の他の地域よりも3倍は多く、仮想通貨への意識の高さを象徴する調査結果となった。

”夜の世界”での仮想通貨決済が進む

アメリカではバーやナイトクラブでの仮想通貨決済が導入されました。

この他、カジノなどでも仮想通貨決済が導入されるようになっていると聞きます。

「現金決済はあまりスマートじゃない」「なるべく持つものは少なく」「現金は盗難のおそれがあるからセキュリティの高い仮想通貨で」という顧客側の心理があるのかもしれませんね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインキャッシュ「収益性」の差たった26%|急速に追いつく意図的な力か

ビットコインとビットコインキャッシュは、仮想通貨市場で比較しても、ビットコインが価格もマイニング量も大きくリ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 17604 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。