犯罪用仮想通貨はビットコインから”モネロ””ジーキャッシュ”へ__ユーロポール報告

「仮想通貨は匿名性が高い」____この認識は当たっているようで当たっていないかもしれません。

仮想通貨と一口にいっても、ビットコインやイーサリアムのようにアドレス追跡が可能なものもあれば、Zcash(ジーキャッシュ)、Monero(モネロ)、Dash(ダッシュ)のように匿名性が元から高いものもあるのです。

そして、犯罪に使われる仮想通貨は、ビットコインなどよりも「元から匿名性の高いもの」に移りつつあります。

ユーロポール(欧州刑事警察機構)が18日、サイバー犯罪に関する報告書「インターネット組織犯罪脅威評価」(IOCTA)を発表。
その中で、今後の犯罪と仮想通貨の関係について、次のような内容が記載されています。

ビットコインのマーケットシェアは「17年初頭に35パーセントまで落ち込んだ」ものの、サイバー犯罪の捜査時に欧州連合全域でいまだに最も「頻繁に遭遇する」仮想通貨だ

現時点では、犯罪によく使われる仮想通貨はビットコインです。
この事実は変わりませんが、今後は変わりそうです▼

今後は「ステルスアドレス」という保護機能を提供する匿名性を重視したアルトコインが勢いを増し

ステルスアドレスはワンタイムアドレス(ワンタイムパスワードのアドレス版)を活用して元々のアドレスを秘匿する技術のこと

「現在の[仮想通貨の]ミキシングサービス(複数の取引データを混ぜ合わせることで、元々の所有者の判別を不能にする)やタンブラー(個人データを収集しない仮想通貨取引)は廃れる」だろう

ミキシングという機能は、Zaifからハッキングされた仮想通貨を送金するプロセスでも使われた形跡があるとされています▼

IS(イスラム国)にはZcashで寄附

仮想通貨はマネーロンダリングに使われやすいとされます。
マネーロンダリング防止を唱えるのは、テロなど反社会組織の暗躍の温床となりやすいからです。

しかし、すでにテロ組織なども匿名性の高い仮想通貨には着目しています。

イスラム過激派のネットワークでは、イスラム国(IS)関連のウェブサイトキャンペーンを支持する多くの人がZcashを使ってまとまった寄付を行ったことをユーロポールは発見

ただ、実際のテロ組織で仮想通貨が使われるのは低水準の取引に留まる模様。大規模な取引に使われる確率は低いとされています。

「マネロンのインデックス」とも呼ばれる仮想通貨ですが、テロ組織からすれば仮想通貨は実に使いにくい決済手段のようです。

「仮想通貨取引所は銀行よりも狙いやすい」

また、同報告書では次のような実態についても記載しています。

犯罪者は仮想通貨取引所を、銀行等の伝統的金融機関よりも「狙いやすいターゲット」とみなしている。
「マイニングサービスやウォレットホルダーもハッキングや個人データの盗難被害にあう恐れがある」

また、最近は集約型の仮想通貨取引所だけでなく、分散型取引所(DEX)も登場しています。

これら取引所が犯罪者から注目されるようになりそうだ、とユーロポールは警告しています。

というのもCoinbaseやBinanceのような大手仮想通貨取引所は各国の規制の下におかれ、知名度も高いため、犯罪資金のやりとりには使いにくいからです。

近い将来、分散型取引所が資金洗浄により有利な経路となる可能性がある

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

関連するまとめ

仮想通貨と”女性”の関係|仮想通貨投資家に占める女性の割合は6%→13%、ブロックチ…

仮想通貨業界でまだまだ存在感の薄いのが「女性」。ただ、徐々に変化は表れています。今年6月、ロンドンの仮想通貨…

鈴木まゆ子 / 1432 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。