ブロックチェーン技術を使ったキャリア間決済サービスで概念実証に成功

ソフトバンク株式会社はクロスキャリアモバイル決済サービスのためのPoC標準とTBCASoftのクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームを提供するTBCASoft、SMS、電子メール、およびRCSをカバーする安全なマルチチャネル通信プラットフォームを提供するSynchronossと共同の実験で、モバイル決済サービスPoCを成功させた。
ソフトバンクが実施した概念実証は、通信キャリアに特化したブロックチェーン開発のTBCASoftと、クラウドやメッセージングなどのプラットフォームを手掛けるシンクロノスと共同で行った。

開発しているモバイル決済サービスの内容

現在開発しているモバイル決済サービスは、メッセージング規格である「リッチ・コミュニケーション・サービス(RCS)」と、TBCASoftのブロックチェーン技術をベースとしたもの。このサービスは、RCSのウォレットアプリを使って、ユーザー同士がピア・ツー・ピアでグローバルに送金できるようになるという。
今回の概念実証では、ユーザーがモバイル端末を使い、店舗などで決済を行うことに成功した。将来的には、日本のユーザーが米国を旅行中、RCSのプラットフォームを使ってメール送信と同じような操作で、米ドルの支払いができるようになるとしている。
また受信者側がSMS、eメールといった従来のメッセージングサービスを使っている場合でも、送金が可能だという。

Synchronossについて

シンクロノス(NASDAQ:SNCR)は、クラウドやメッセージサービスや、デジタル・IoT製品、世界で何億人もの顧客を支えるプラットフォームを展開しており、企業の新しい収益機会やコスト削減機会、そして顧客への新たな価値提供の機会を生み出しています。安全かつ拡張性と革新性を持つ技術と、信頼性の高いパートナーシップ、そして多才な社員たちによって、顧客のビジネスの成長に変革をもたらします。

TBCASoftについて

TBCASoftは、米国を拠点に、通信キャリアに特化した革新的なブロックチェーン技術の開発を行う企業です。TBCASoftが開発したコンソーシアム型のブロックチェーン・プラットフォームにより、通信キャリアはより安全、強固かつ効率的な環境で、顧客向けに革新的なサービスを創造することができます。本社所在地は、シリコンバレーの中心地である、カリフォルニア州サニーベールです。

ソフトバンクにおけるブロックチェーンプラットフォームづくり

ソフトバンクは昨年9月にキャリア間のブロックチェーンプラットフォームの構築を目指すコンソーシアムを立ち上げている。今年7月にはコンソーシアム内にブロックチェーンを活用した送金サービスのワーキンググループも新たに設置している。
ソフトバンクのテクノロジーユニット 技術戦略統括 ITサービス開発本部 本部長 福泉 武史は、次のように述べています。

「RCSとブロックチェーンを活用したモバイルペイメントのPoCは、通信キャリア主導ならではの価値を表すものだと考えます。決済を行う店舗が、大手ブランドの決済サービスだけではなく、多様な決済手段を幅広く享受できるようになります。またユーザーにとっても、買い物や海外旅行などでの支払いがより柔軟になると考えています」
韓国LGグループ傘下の携帯キャリアLGユープラスは13日、グローバルパートナーであるソフトバンク及び台湾の遠傳電信(ファーイーストン)、米国のTBCAソフトと、ブロックチェーンベースのクロスキャリア国際決済サービスに向けた覚書を締結した。

ソフトバンク株式会社はクロスキャリアモバイル決済サービスのためのPoC標準とTBCASoftのクロスキャリアブロックチェーンプラットフォームを提供するTBCASoft、SMS、電子メール、およびRCSをカバーするSynchronossと共同の実験で、モバイル決済サービスPoCを成功させました。

韓国LGグループ傘下の携帯キャリアLGユープラスは、ソフトバンク及び台湾の遠傳電信(ファーイーストン)、米国のTBCAソフトと、ブロックチェーンベースのクロスキャリア国際決済サービスに向けた覚書を締結したことを明らかにしています。ソフトバンクの取り組みに注目していきたいと思います (*^^*)

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです