大半の仮想通貨プロジェクトが90%以上のコードを流用

「大半の仮想通貨プロジェクトが実は他の仮想通貨からコードを流用している」

____そんなことを知ったら、草コインやICOの投資家たちはショックを受けるかもしれません。

しかし残念なことに、そういった事実がSecurities Dailyの調査により明らかになりました。

中国のSina Newsが発表し、Securities Dailyにて詳細が記述された最新の調査で、本当に優れた革新性を有するプロジェクトは全体のうちごく僅かでしかないことがわかったのです。

今回の調査で明らかになったのは、▼

約80%のプロジェクトがコードの盗用・流用に当たる
大半のプロジェクトにおいて、コードの90%以上が他プロジェクトからの流用に当たる
一部では95%以上のコードの流用が見られるものもあった

コードの一致率、つまり”コードの流用率”は次のようになっています。

324 … 95-100%一致
81 … 90-95%一致
29 … 85-90%一致
16 … 80-85%一致
38 … 80%以下

コードの一致率が80%以下、つまりオリジナリティが20%以上はあるプロジェクトは全体のうちたった7.7%。

半分がオリジナルコードである率はもっと下がります。

ただ、この「大部分のコードが一致している」という結果は、フォークなどで複数に分かれた姉妹プロジェクトも含まれている可能性があります。

つまり、ビットコイン→ビットコインキャッシュ、イーサリアム→イーサリアムクラシックが盗用というのはいかがなものかというわけです。

さらに、ブロックチェーンプロジェクトの多くはビットコインやイーサリアムなどといった主要ブロックチェーン上で動いているものであるため、この一致率の高さはやむをえないという声もあります。

オリジナリティの低さから伺える「とりあえず挑戦そして運任せ」

ただ、すべてのコインがハードフォームで発生したわけではないわけです。
相応のアイディアやオリジナリティがもう少し期待されてもいいはず。

この結果から、「課題解決やイノベーションという視点から見るとあまりにオリジナリティが低い」として批判する人もいます。

Netta Labs創業者であるXie Shaoyun氏は今回の調査の結果に対し、以下のようにコメントしています。

多くの人がとりあえず挑戦してあとは運任せ、というスタンスをとっている。
今こそ、現実的な課題の解決や、ユーザーに利便性を提供するプロダクト作り、本物の価値とユーザビリティの構築や実物を伴うプロジェクト、さらには世の中への価値提供による業界の発達への貢献といった、本質に立ち返らなくてはならない。

ブロックチェーンに期待されているのは、もちろん改ざん性の低さやシステムダウンへの強さ、コスト削減という効果です。

ただ、分散型であるがゆえに、これまでの中央集権的なシステムとはちがったメリットも期待されているわけですし、さらには新たなアイディアも待たれているのが現状です。

模倣はイノベーションの始まりでもあります。それ自体は批判されることではありません。
しかし、模倣のままでとどまっていたら、次の一手は打てません。

もし同様の調査が今後行われるのであれば一致率がもう少し下がることが期待されます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

韓国「仮想通貨」関連の規制法案が可決か|所得及び法人税法、脱税にも取り組む

韓国ではビットコインやイーサリアムなど仮想通貨規制に取り組むことが可決される見通しと報じています。投資家やユ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7970 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。