米国でブロックチェーン協会が設立

米国でも、仮想通貨分野の法整備がより強く求められる状況にある中、大手仮想通貨関連企業によって構成されるロビー活動のための組織を発足する計画が持ち上がっている。
複数の有名仮想通貨企業とハイテク業界出身者が11日、米国の首都ワシントンで初の本格的なロビー団体となる「ブロックチェーン協会」を立ち上げる計画を立てているとワシントン・ポストが報じた。仮想通貨・ブロックチェーン業界における規制が進むきっかけになるかもしれない。
そこで、複数のブロックチェーンファンドや仮想通貨取引所、スタートアップが新しいブロックチェーン協会を発足し、ワシントンの立法者へのロビー活動をする計画を始めました。

ワシントンポストの火曜日の報道によると、この新しい組織は、仮想通貨関連スタートアップと立法者の関係を正常化する取り組みの一環として、教育と法改正に焦点を当てています。この組織にはCoinbase、Circle、 Digital Currency Group、Polychain Capital、Protocol Labsが含まれます。

ブロックチェーン協会の組織のメンバーは?

記事によると創業メンバーとして入っているのは、仮想通貨取引所コインベースと決済企業のサークル、ハイテク系のプロトコル・ラボなど企業のほか、デジタル・カレンシー・グループやポリチェーン・キャピタルなど投資家が含まれているという。ブロックチェーン協会は、数年前に共和党のオリンピア・スノー議員の側近だったクリスティン・スミス氏を起用した。スミス氏は、2014年にビットコイン(BTC)決済を始めた米電子商取引オーバーストック・ドット・コムのロビー活動をした経験があるという。
この組織の最初の社員の一人は、前上院議員補佐官でありOverstock.comのブロックチェーン・ロビイストのクリスティン・スミスです。彼女はワシントンポストに、「この分野の基礎的な教育活動に多くの時間を割いてきている。これら問題に大変関心を抱いている」と発言し、発足すると同時にこの組織をガイドしていく旨を伝えました。
さらにPoliticoによると、Protocol Labsの顧問弁護士Marvin Ammori氏とHangarの設立者Josh Mendelsohn氏がこの協会のアドバイザーになる予定です。
Coinbaseのリーガルリスク・チーフオフィサーMike Lempres氏はこの協会は、会社を組織し共に正当な規制を主唱していくとワシントンポストに伝えました。

このブロックチェーン協会は優秀な企業を一緒に集める努力をしており、それにより政策担当者に、我々企業は合理的な規制に関しては歓迎している姿勢を示すことができる。我々は自身の利益のために制度整備の主導権を握りたいのではなく、長く耐えうる法整備の発展に尽力している。

ブロックチェーン協会の役割

ブロックチェーン協会は、特に仮想通貨取引所やスタートアップに関する税金やどのように顧客確認、アンチマネーロンダリングのルール作りをするのかという点に焦点を絞るだろう、とレポートは伝えています。
ブロックチェーン協会は、政治システムと仲違いするのではなく強調することを目指す大企業の声を発信することを目指す。
最初の目的は、仮想通貨の米国の税法上での扱いに加えて、アンチマネーロンダリングとKYC(顧客確認)を政策者に対して説明する。コインベースのリスク担当の幹部は、「ブロックチェーン協会は、先端企業を仮想通貨企業に巻き込み、政治家に対して企業は適切な規制は歓迎すると知らせることだ」と話した。

アメリカで複数の有名仮想通貨企業とハイテク業界出身者が、「ブロックチェーン協会」を立ち上げる計画があることが明らかになりました。

アメリカでも日本と同じように仮想通貨分野の法整備がより強く求められる状況にあるようです。そこで、ブロックチェーン協会は、特に仮想通貨取引所やスタートアップに関する税金やどのように顧客確認、アンチマネーロンダリングのルール作りを進めていこうとしています。日本以外の他の国でも仮想通貨が使われるための準備が着々と行われているようです   (っ*’ω’*c)

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです