「商業利用が減少した」と言われるビットコインキャッシュ(BCH)▼

BCH(ビットコインキャッシュ)、ストレステストを実施

もともと、「ビットコイン(BTC)では取引スピードが遅い」といった、トランザクションの増加の問題に対処すべく、ビットコインからハードフォークにより発生したビットコインキャッシュ(BCH)。

先日、このトランザクションの大量処理に関するストレステストを実施しました。

処理したトランザクションは210万件以上。

その結果、▼

ビットコインキャッシュのトランザクションのシェアは、4時間ですべての仮想通貨トランザクションの63%にまで達した。

ちなみに2位はイーサリアム。
ビットコインの割合はリップル(XRP)と同レベルになっているように見えます。

これは実験だったものの、1秒あたり23トランザクションが処理され、この値はビットコインの1秒あたりの3トランザクションや、その他ブロックチェーンネットワークをはるかに上回る値

また、気になる手数料に関しては、▼

ビットコインキャッシュの平均トランザクション手数料は増加しておらず、実際には0.002ドルから0.0017ドルと、わずかだが減少している。

今回のストレステストの目的は

今回のストレステストは、コミュニティが主導するBCHメインネットとそのサービスのテスト
このテストは、BCHのブロックチェーンのキャパシティとスケーラビリティを証明し、BCHネットワークのディベロッパーやサービスを実行している企業、分散型アプリ(Dapps)にデータを提供することが狙い

ストレステストの後、ビットコインキャッシュの価格が上昇

この一日のBCHネットワークのテストにおいて、BCH支持者が勝ち取ったものは、いかに大きなブロックがうまくトランザクション処理できたか、という一点だと言えます

この結果を受けたかのように、2日以後、ビットコインキャッシュの価格が上がっています。

このストレステストの結果による期待感が反映されているのかもしれません。

今回のストレステストはハードフォーク前に実施

ストレステストは11月に予定されているアップグレードの10週間前である9月1日に実施

今後は、毎年ストレステストを行っていきたいとしています。

改善が毎回みられるとは限りませんが、ユーザーの使い勝手などの目線に立ち続ける限り、BCHのファンも減りそうにありません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

北朝鮮、10月にブロックチェーンカンファレンス開催|アメリカの経済制裁を回避すべく仮…

北朝鮮では今年10月、ブロックチェーンカンファレンスが予定されているとのこと。シンガポール紙のストレイツ・タ…

すずまゆ / 1047 view