世界最大手バイナンス(Binance)第1四半期利益がナスダックレベルに

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス。

取り扱い仮想通貨の多さ、ユーザーへのサポートの厚さなどから、世界中からの投資資金を呼び込んでいます。

仮想通貨市場の勢いそれ自体は昨年より明らかに落ち込んでいますが、バイナンスの勢いは止まりません。

そのバイナンスの第1四半期の利益が、ドイツ銀行を超え、米ナスダックに迫る勢いであることを、ベンチャーキャピタルのダンフア・キャピタルのマネージングディレクターDovey Wan氏により指摘されました。

取引所Binanceは今年の第一四半期でNasdaqによる2億9百万ドルに対し、2億ドルの利益を出した

さらに、同氏は人権費をも持ち出して比較▼

Binanceコミュニティ内で同じ期間内で、BinanceはDeutsche銀行のスタッフの0.2%で、その利益を約5千万ドル上回った
同期のドイツ銀行の利益は、事業費や10万人の人件費を考慮すると、およそ1億4600万ドル(約162億円
Nasdaqの4500名のスタッフに対し、Binanceはその4%、約200名のスタッフだけで、Nasdaqの約96%の利益を達成することが出来ました。

質を維持しつつも世界に事業展開し続けるバイナンス

しかし世界の投資家すべてがバイナンスのファンであるわけではありません。
中には”アンチ”バイナンスも。

最近、Binanceに上場するには400BTCの料金がかかるという噂が流れましたが、この噂にCEOのCZは次のように反論しています▼

「我々は、400BTCか、4000BTCを支払われるとしても草コインは上場させない。しかも、ETHやXRPやその他多くの通貨は無料で上場した。」
必ずしも無料で上場させるわけではなさそうですが、上場するためにはプロジェクトに専念すべき

最近、ブロックチェーンデータ研究者グループBTIが34の取引所の取引高を厳密に調査ところによれば、Binanceでは、日々の出来高偽装はないとのこと。

疑惑を払拭し、名実ともに世界一の仮想通貨取引所であることが証明されました。

DBトレーディングの評価でもバイナンスは”最高”のA+を得ています。

その当のバイナンスは、仮想通貨やブロックチェーン優遇で知られるマルタに拠点を移した後、次々と事業展開の様相を見せています▼

この利益の高さ、信頼のおけるシステム、勢いのある事業展開。

こういったバイナンスを、今年春、日本の金融庁はNOを突き付けました。

日本の対応に「間違っていた」と指摘するTwitterも出ています。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨で“1円でも多く寄付”kizunaローンチ|日本の寄付145カ国中102位の…

ブロックチェーン技術の透明性・信頼性と、送金手数料が少ない仮想通貨ビットコインで1円でも多く届ける寄付プロジ…

元)仮想通貨まとめの志水 / 6579 view