世界最大手マイニング機器ビットメイン社、企業価値が150億ドルに

仮想通貨価格が低迷する中、マイニングビジネスは相変わらず好調のようです。

世界最大手の仮想通貨マイニング機器メーカーのビットメインの企業価値は150億ドル(日本円で1兆6650億円)に達したことがQQニュースの報道により明らかになりました。

最近の資金調達では、日本のソフトバンクや中国”ウィーチャット”で知られるテンセントなどが出資したとのこと。

中国に拠点を持つビットメインは、ビットコイン(BTC)向けのマイニングハードウェア製造で世界の7−8割のシェアを占めている

6日は「テキサス州でマイニング施設建設予定」発表

ビットメインの快進撃は続いています。

今月6日、自社プレスリリースで、アメリカテキサス州にマイニング施設とブロックチェーンセンターを建設する予定であることを明らかにしました。

ビットメイン社が、テキサス州に5億ドルを投じて、マイニング施設の建築をする計画を表明
ビットメインの新しいデータセンターはテキサス州ロックデールのアルコア社の精錬所跡地に作られる予定
2018年第4四半期に建設が完了し、19年初頭に稼働する計画だ。
ビットメインは最初の2年間で地元に400人分の新規雇用をもたらすとしており、今後7年間で5億ドル以上を投資する
求人サイトのIndeed.comにビットメインがロックデールでのプロジェクトマネジャーとデータセンターの現地管理者の求人を掲載していた

この他、香港でのIPO公開が予定されています▼

ただし、マイニング事業の赤字懸念も

ただ、懸念がないわけでもありません。

というのも、日本のGMOでは仮想通貨マイニング事業が4-6月期で赤字になっているからです。原因はこれ▼

ビットコイン価格の下落や電力コストの上昇など

そして現在、トルコリラショックや世界的なリスク回避の意識の強まりなどから、ビットコインを含め仮想通貨価格は暴落し続けています。

ビットメインの景気のよさは、これまでの蓄積などが効果を発したからかもしれません。

しかし、マイニングについては、価格低迷による赤字リスクは避けられないもの。
さらに、「安くて豊富な電力」をもとめてマイニングビジネスの拠点を設けたとしても、その電力使用が現地経済に悪影響を与えるようであれば、マイニング用の高い料金体系を課せられてコスト高になる可能性も否定できません。

息長く事業を続けるにはどうしたらいいか。

マイニングビジネスの今後の課題になりそうです。

先日、ビットメインもライバル社のカナン・クリエイティブも、「他の機器にマイニング機能を搭載」したタイプの製品を発売しました。

もしかしたら、こういった懸念がどこかにあったのかもしれませんね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

ネムに大きな動きが! 大手取引所バイナンスに上場✨  コインチェック不正出金の追跡取…

バイナンスにネムが上場しました! その事で価格が急騰しています✨ ですがネム財団はコインチェックで流出…

仮想通貨ヲタク清水聖子 / 6405 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。