仮想通貨ビットコインの犯罪利用率、5年間で90%→10%に減少

今年半ばになってきて急激に仮想通貨に対する世界の国々の目線が和らいできたといっても、まだまだ中には警戒心を強めるところも少なくありません。

本心かどうかはわかりませんが、その理由の一つとして必ずあげられるのが「犯罪利用」。

つまり、仮想通貨の匿名性やP2Pシステムにより、犯罪を助長するおそれがあるというのです。


しかし、アメリカの麻薬取締局の特別捜査官がブルームバーグに語ったところによると、仮想通貨の犯罪利用率がこの5年で急激に変化したとのことです。

ビットコイン(BTC)という単語が犯罪捜査資料に記された5年前から、ブロックチェーン・仮想通貨を悪用した犯罪・違法率が、90%から10%に激減している

また、5年前に比べて認知度が高まり、価格変動が激しくなった仮想通貨の利用の主軸は「投機」であるとのこと▼

「昨今に膨れ上がったBTC取引は、主に投機需要によるものだ。」
数年前に摘発されたダークウェブ”シルクロード”の事例のように、BTCが犯罪者に悪用される道具に過ぎないといった、過去における不名誉な先入観を覆しつつある

Infante特別捜査官「MoneroだろうがZcashだろうがぜひ仮想通貨を使ってくれ」

また、仮想通貨の犯罪利用については、昨今はビットコインよりも匿名性の高いMonero(モネロ)やZcash(ジーキャッシュ)などが好まれるというのが通説です。

しかし、当の特別捜査官はこれを否定。

匿名性が高かろうが、追跡はできるとしています。

そして、強気な発言も▼

「むしろ、犯罪者にブロックチェーンと仮想通貨を使ってほしい」

犯罪に無関係ではない___犯罪の”質”が変化

ただ、犯罪そのものが変わったわけではありません。
犯罪の決済手段であったのが、犯罪の対象そのものになったのです。

市場規模の拡大に伴い、取引所のハッキングなどによる被害額は増加

事実、昨年から取引所へのハッキングは増加しています。
コインチェックへのハッキングのみならず、韓国でもハッキング事件は頻発。

また、犯罪と仮想通貨のかかわりについても変容してきています。

違法行為によるBTCの取引高は、2013年から年々大きく上昇している
仮想通貨の違法行為目的での利用で急増中のトレンドなっているのは、犯罪組織によるマネーロンダリングや他国への送金だ
より安く、より速く送金や取引ができるので、銀行などを介するよりも安全だと考えられているため

世界各国が懸念している「マネーロンダリング利用」。

そのシステム上、完全撲滅は困難ですが、規制を整える、KYC(本人か確認)を徹底するなど対策を練ることで、AML(アンチマネーロンダリング)は今後も強化の必要があるとみられます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

仮想通貨は「消滅していない」金融界の静かな動き|ビットコインの成長率106%

仮想通貨の価格が低迷していると伝えられていることと、消滅するという意見への反論版です。仮想通貨はまだ10年も…

元)仮想通貨まとめの志水 / 5498 view