仮想通貨の”投げ銭”でスポーツチームとファンをつなぐ

スポーツチームを声援だけでなく仮想通貨で応援する仕組みがブロックチェーンで実現しそうです。
スタートアップのEngateが、仮想通貨による”投げ銭”システムで、選手チームとファンとの間をつなぐサービスを9月からスタートすると発表しました。

運営元のエンゲートが「トークン」(企業ポイントのような概念)を発行し、同時に仮想通貨NEMのブロックチェーンに記録する。
ファンはサービス上で日本円による支払でトークンを購入、スポーツチームの試合、練習風景のライブ配信やメッセージ動画などのコンテンツを見ながら、トークンを使って購入したデジタルギフトによる「投げ銭」で応援する。

ただ、Engateのシステムで発行されるのはパブリックブロックチェーン型のトークンにすぎません。
コミュニティ内で行き来するだけなので、従来の”不特定多数”を対象とする仮想通貨概念と異なります。
そのため、性質としては改正資金決済法で規定する「仮想通貨」ではなく、同法が規定する「前払式支払い手段」に該当します。

またICOは予定していないとのこと。

ファンは、NEMブロックチェーンの技術を活用したトークン(ポイント)を日本円で購入してひいきのチームに投げ銭し、チーム運営や選手のキャリアを金銭面でサポートできる。

ほとんどのスポーツチームは”資金不足”

よく知られていることではありますが、、、

ほとんどのスポーツチームで課題になっているのが「資金不足」です。

メジャーかマイナーか、の違いはありますが、オリンピック選手ですら資金不足で苦しんでいます。

資金が足りないため十分な環境で練習できない
さまざまな費用を自己負担しなければなりません。
施設の利用料、水着などの用具代、コーチの指導料など合わせると年間約200万円。
練習に打ち込むためアルバイトの時間もなく、費用は親に頼っているのが現状

オリンピックに出るような選手全員にかかるコストはおよそ500~600万。
なかにはそれほどでもない人もいますが、それでも200~300万円はかかります。

これを個人でねん出するのは大変です。

JOCの支援などもありますが、それですべてが賄えるわけでもありません。
また、企業は自社の損益上の理由から、スポーツチームを廃止したりするなど、スポーツに対して背を向けつつあります。
企業からの支援もあまり期待できません。

そんな中、最近はネットのオンライン上でファンから直接支援を募る仕組みが増えています。
今回のNEMベースブロックチェーンによる”投げ銭”もその一つです。

NEMベースブロックチェーン”投げ銭”の仕組み

では、今回EngateがスタートするNEMベースのブロックチェーン”投げ銭”はどのような仕組みなのでしょうか。

パブリック型ブロックチェーン=改ざん耐性が高い

まず、今回用いられるのはパブリック型ブロックチェーン。
この場合、記録の改ざんが非常に困難になるというメリットがあります。

そのため、そこにトークン発行を記録すると、運営会社がトークン発行量を勝手に水増しすることはできなくなるのです。

結果、トークンの希少性を担保することが可能です。

さらに、▼

NEMブロックチェーンをサービス基盤として利用する場合の主なメリットは、標準機能の範囲内で新トークン(モザイクと呼ぶ)を作りマルチシグの設定ができる点、機能がWeb APIの形で提供されていてWeb開発者にとってアプリケーション開発が容易な点である。

また、投げ銭の仕組みを「仮想通貨」ではなく「トークン」としたのも理由があり、▼

「仮想通貨ベースのトークンを引き出して移動するには個人が秘密鍵を管理する必要があるが、ほとんどの人にはおそらく無理。それよりも、サービス内でトークンを扱える方がスポーツファンには親しみやすい」

関連するまとめ

”ブラウザ見なくても勝手にマイニング”被害が発覚|ルーターの脆弱性が原因、世界的規模…

Coinhiveなどのスクリプトが埋め込まれているサイトを”見なくても”勝手にマイニングされてしまうという被…

鈴木まゆ子 / 1330 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。