2017年は仮想通貨が世界的な大ブームになった年だった。そして2018年が明けると仮想通貨価格は天井をつけ、その後暴落。仮想通貨のブームは一旦終わりを告げた。
しかしブームが終わっても、仮想通貨自体の普及は少しずつだが進んでいると見られる。

一般には、「価格」だけを見て、
既に仮想通貨は死をむかえたと囁かれています。
しかし、それは表面的な価格だけの“数値”。
例えば仮想通貨ビットコイン例でいえば、そもそも▼

2014年の下落による価格調整と同様に、2018年のビットコインの値下がりは、個人投資家のバブルが原因です。

Similar to the 2014 correction, the drop in the price of bitcoin in 2018 was caused by the bubble of retail investors.

また、日本においては、
価格が下落した後、
仮想通貨取引所であるコインチェックのNEM流出事件など、
大きな問題が露呈し、個人の投機目的の人たちは、
仮想通貨は終わったと興味をなくし去る人も増えました。

それが仮想通貨離れに拍車をかけ、普段から投資をしていない人々はだんだんと仮想通貨への興味を失っていった。

しかし、実際には仮想通貨は終わりを告げておらず、
ノードから見ても着実に増えています。
それは「仮想通貨」そのものに対しての
投機的な目的だけを追う層が去ると同時に、
イノベーションを求め続ける層が増えています。

その証拠なのか、誰もが知っているような、
「一流」ともいえる大手企業がこぞって参入しています。

今年になってから、仮想通貨業界への大手企業の参入が相次いでいる。

それも仮想通貨関係業界だけではなく、
全くの異業種の参入が続き、
いつか導入するときの準備と定款の変更も行われている様子▼

仮想通貨関係“第二バブル”はこれから

投資顧問会社グロースアドバイザーズCEOの小澤正治氏が、そう言い切っています。

証券口座で仮想通貨の売買ができるわけではありませんが、株の個人投資家になじみのある証券会社やグループが仮想通貨事業に続々と乗り出してきているのは大きい」

実際に、今はビットコインで見ても
昨年の価格までは高騰してはいません。

一時的な“仮想通貨ブーム”は終わった感があるが、小澤氏は「実需を伴った仮想通貨、関連銘柄が盛り上がるのはこれからだ」と見る。
「仮想通貨関連銘柄で絶対に外せないのはリミックスポイント。子会社が仮想通貨交換業者『BITPoint』を運営しています。
また、マーチャント・バンカーズは香港で仮想通貨取引所開設を目指し、大手ビットコイン取引所運営会社『BTCボックス』と資本業務提携を発表しました。

同氏は、仮想通貨関連の好材料を持つ「銘柄」は
爆騰間違いなしだとまで言い切っています。

米レポート「5年で20倍以上拡大」電気通信業界ブロックチェーン市場規模

電気通信業界におけるブロックチェーン市場は今後5年間でほぼ10億ドル(約1100億円)に到達するというレポートが発表された。

関連するまとめ

最初のブロックチェーンETFがナスダックに上場|今後の成り行きでSECの変わるかが課…

先日17日、米ナスダックにブロックチェーンETFが初めて上場しました。これまで散々仮想通貨ETFについてはS…

鈴木まゆ子 / 6025 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。