CBOEがビットコインETFを米国証券取引委員会SECに申請

CBOEはSECに対してビットコインETFを申請。承認されれば価格の高騰の可能性も
ビットコイン先物を扱っている米デリバティブ取引所大手のシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、
米証券取引委員会(SEC)に対し、ビットコインETFの申請書を提出したことが明らかになった。

これまで、米国で数社がビットコインETFの上場を試みてきましたが、
残念ながらいずれも却下されてきました。

数多く取り上げられてきた中には、
ビットコイン取引所Geminiを運営する
「ウィンクルボス兄弟」が、
2013年から何度もビットコインETFの申請を行ってきました。

現在、ビットコインETFは話こそは何度も耳にしてきましたが、
実現はまだしていない状況です。

しかしSECは6月、ビットコインとイーサリアムについて、連邦証券法上の有価証券に該当しないとの見解を示し、
法的位置づけが整理されつつあることから、今後は慎重な姿勢を崩していくことが期待されている。
また、CBOEは今年3月にもSECに対してビットコインETFの書簡を提出しており、2018年内に現金決済ビットコイン先物商品の申請を行うとしていた。

さらに、CBOEが期待される点は幾つかあげられており、
認められればビットコインの価格の上昇も考えられています。

CBOEによるETFが承認される期待される理由

SECは再びビットコインETFに関する
意見聴衆を行っていると伝えられている事。

SECはビットコインとイーサリアムは、
有価証券に分類しないと判断したと報じられたこと。

CBOEは確立され、認知度が高く、規制された取引所であり、BTC先物が承認されてる
デジタル資産は、様々な保険会社によって最大1億2500万ドル(または必要に応じて)まで保証されている
CBOEが提供しようとしているETFは米国アセットマネジメント会社VanEckとクリプト金融サービス会社SolidXによって提供されるようだ。

これらの理由から、
前向きな検討が行われるのではないかと言われています。

ETF承認による「価格の高騰」の可能性

ビットコインETFの上場が実現すれば、これまで取引が専門の取引所に限定されていたビットコインが証券取引所で取引されるようになり、投資対象としてアクセスしやすくなる。
また、金融商品としての信頼性が向上することで、機関投資家の資金が流入し、市場の成熟化につながることが期待されている。
今回、新たに申請を行ったCBOEはGeminiとの戦略的パートナーシップを結んでいる。

関連するまとめ

仮想通貨担保レンディングサービスBlockFi、仮想通貨クレカサービスの立ち上げ目指…

先日、リクルートホールディングスの子会社から出資を受けたとして話題になっている仮想通貨担保のレンディングサー…

すずきまゆこ / 2203 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。