Binance、世界最大の”収益”を誇る取引所になる見通し

マルタに拠点を置き、世界中からユーザーが集まるBinance.
低い手数料と高いセキュリティを誇りながらもその収益性の高さに注目が集まっています。

今回、Binanceが2018年においても世界最大の収益をあげる仮想通貨取引所になりそうだ、ということが明らかになりました。

バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏(以下、Zhao氏)は、Bloombergのインタビューの中で、前期のバイナンスの収益が3億ドル(約330億円)であることを明らかにしました。
さらに、Zhao氏は2018年のバイナンスの純利益を5億ドル(約550億円)から10億ドル(1,100億円)と見込んでいます。

先日、SyscoinのBump&Dumpにより一時的に緊急メンテナンスを行ったBinance.

このときも淡々と処理した後、原因をTwitterで発表、その後、手数料を無料にするなど破格の補償を行うことでユーザーからの支持を得ています。

Binanceの収益体質のワケとは

低い手数料でありながらも高い収益体質を誇るBinance。
薄利でありながらも収益が高いのはなぜか?

その理由の一つは「他の取引所に比べて圧倒的に多いユーザー数」にあるようです▼

Zhao氏によると、現在のバイナンスの1日の出来高は平均で約1.5億ドル(約165億円)に及び、1,000万人のユーザー数を誇ります。

ただ、ユーザーを集めようとしてもなかなか集まらないもの。
単純にユーザーだけに理由を求めるのでは不十分でしょう。

ユーザーが集まるにはそれなりの理由があります。

バイナンスの場合、他の取引所にはない

・取り扱いコインの種類の豊富さ
・多言語対応
・セキュリティの高さ
・トラブルが発生した時のていねいな対応(手数料還元など)

があるかと思われます。

同取引所はグローバルに展開しており、取り扱い通貨の種類も豊富であることから、2017年の市場価格高騰で大きな注目を集め、新規口座登録が殺到しました。

また、独自トークンを使ってさらに手数料を低くする点も魅力の一つとなっているかもしれません。

バイナンスの取引手数料はわずか0.1%に過ぎず、これは米大手取引所Bittrexの取引手数料0.25%を大きく下回ります。

さらに、同取引所が発行する独自トークンであるバイナンスコインを使えば、この手数料が半分になります。

バイナンスコインは先月高パフォーマンスを記録

ちなみに、相次ぐ取引所ハッキングや仮想通貨取引所への規制強化など、マイナス要因が多い2018年。
その逆風にも負けず、バイナンスがICOで発行したバイナンスコインは高いパフォーマンスを記録しています▼

4月初旬には1000円代ほどだったBNB(バイナンスコイン)だが、その後徐々に勢いをつけ、一時2000円台の最高値まで上昇。2018年6月19日現在では落ち着きを取り戻してはいるが1800円~1900円台で推移している。

ただこのバイナンスコインの高いパフォーマンスは「世界最大手のバイナンスだから」という理由によるものではありません。

バイナンス独自の紹介報酬戦略によるものです。
うまい具合にアフィリエイトさせて認知度を高めているなぁ、といった具合。

一つの大きな要因が2018年5月19日からはじまった、一部条件を見たしたユーザーの紹介報酬倍増のボーナスだ。
500BNB以上保有しているユーザーに限り、これまでの紹介報酬20%から(紹介したユーザーの取引額に応じて)40%へと倍増することになった。この発表によりBNB買いが進んだとみられている。

さらに、▼

バイナンスは定期的に自社でBNBの買戻し、バーン(すでに発行されている通貨の一部を使えなくすること)を行いBNBの市場供給量を下げ、希少性を高める取り組みを行っている。
取引所競争での勝利の秘訣は”顧客サービス”

取引所競争での勝利の秘訣は”顧客サービス”

あまりに当たり前といえば当たり前、ですが、Binanceの高収益体質の秘訣は「徹底した顧客サービス」とそれを利用した集客、という点ではないかと思います。

もちろん、自社で一部コインを買い集めることで希少性を高めるなどを行っていますが、それはあくまでも”従”であり、主体はクライアントへの還元でしょう。
だからこそ、TwitterなどでBinanceのよさをユーザーがひろめ、それにつられてさらに新規のユーザーがやってくる…というトルネード効果を生んでいるものと思われます。

日本の仮想通貨取引所にもぜひ見習ってほしいところです。

▼よろしければこちらの記事もご覧くださいね▼

関連するまとめ

インド高額紙幣の無効廃止から|“殺到”する仮想通貨ビットコインへの問い合わせ

インドのモディ首相が8日夜、高額紙幣の千ルピー(約1,600円)札と2番目に高額の五百ルピー(約800円)札…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10440 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。