金融や投資家を支える「ブルームバーグ・ターミナル」に        取引所フォビ提供の仮想通貨市場指数掲載予定

経済や金融情報を取り扱う大手の情報サービス会社である
ブルームバーグの端末「ブルームバーグ・ターミナル」は、
1982年12月から世間に出た、ITの世界では古株。

ニッチ向け端末は、長く投資家や金融専門家といった層を支えてきたともいえます。

そのブルームバーグターミナルは、
仮想通貨市場の中で最大規模最も流動性の高い通貨の
パフォーマンスを追跡するインデックスを5月に設立しました▼

今回はさらに

有料の金融データ監視サービスのブルームバーグ・ターミナルが、仮想通貨取引所フォビの仮想通貨インデックスを掲載を開始した。

「Huobi.pro(フォビ)」は香港にある仮想通貨取引所。
急成長から注目が集まり、進化を続けている取引所でもあります。
また「ブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨インデックス(BGCI)」
の設立発表と時をほぼ同じくして、
OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことも話題にのぼりました。

ブルームバーグ・ターミナルに掲載されインデックス

掲載される予定のインデックスは

ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、
イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ダッシュ、EOS、Zキャッシュを含む、
テザー(USDT)建ての9種類の仮想通貨取引ペアの価格もブルームバーグ・ターミナルに掲載される予定だ。

また、ブルーバーグが共同で
仮想通貨のインデックス会社設立を発表したのが5月の上旬。

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に
移籍していたことが発覚したのは5月下旬。

同じ頃、Huobi.pro(フォビ)は、
自社の取引プラットフォームに新機能として、
マーケット指標HUOBI 10を
導入したことを発表しました。

フォビグループが設計したフォビ10インデックスは、
フォビ取引所で売買されている上位10種類のデジタル資産のパフォーマンスを追跡する。

仮想通貨が金融市場に加わる証

【POINT】 

リリースには、ブルームバーグ・ターミナルが仮想通貨インデックスを追加することは、仮想通貨が主流の金融市場に加わる証だと記されている。

インデックス運用は投資リスクを分散でき、
慎重で合理的な投資方法だ」とフォビグループのCEOが述べています。

金融の歴史を影から支えると表現される
「ブルームバーグ・ターミナル」

金融業界でやり取りされるデータの分量や複雑さは大幅に増大しており、
過去から蓄積するデータからも的確で信頼のおける重要性が増していると、
同社から発信されています。

関連するまとめ

仮想通貨ATM設置で価値が分かる|世界4大会計事務所デロイトも大手フランチャイズも設…

“世界四大”会計事務所や大手フランチャイズ企業などが、仮想通貨ビットコインのATM設置を“走らせている”とい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6163 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。