仮想通貨やICOは”証券に該当”するかも…と言われても…

「仮想通貨が証券に該当するかも」
「ICOが証券に該当するかも」

というニュースを最近よく目にします。

「なんとなく意味や重要性は分かりそうな気がするんだけど、いまいちピンとこない」

そんな風に感じてはいませんか?

▼本サイトで扱った「証券該当可能性」に関する記事▼

「仮想通貨OrICOの証券該当可能性」について専門家がTwitterで回答

この疑問について、先日、とあるツィートが金融の専門家に対し直接ぶつけました▼

このあと、初心者でも一発でわかる解説ツィートが続きます。

その前に、この解説をしてくださった広瀬隆雄氏のプロフィールについてちょっとご紹介いたします▼

MarketHack編集長広瀬隆雄さんのプロフィール

Twitterでは仮想通貨に限らず金融全般に関してのツィートが多い広瀬氏。
MarketHackの編集長のみならず、お金の専門誌ZAIオンラインなどで専門コラムを執筆しています。

1959年 広島県生まれ
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業
1986年 三洋証券株式会社入社
1988年 S.G.ウォーバーグ証券会社(現UBS証券会社)入社
1996年 ハンブレクト&クィスト証券会社(現J.P.モルガン証券会社)入社
2003年 現在、コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍
現地米国でSGウォーバーグ(現在のUBS)、H&Q、JPモルガンと、常にADRに関連した業務に従事してきました。 現在は、BRICsを中心としたエマージング・マーケットに特化した投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍しています。
月間150万PVのウェブメディアMarket Hack編集長。
『Market Hack流世界一わかりやすい米国式投資の技法』の著者。
ダイヤモンドZAiオンラインで『世界投資へのパスポート』という人気コラムを担当する。

「証券に該当する」とは何か___「約束」があるのが証券

まず、証券の定義ですが、広瀬さんは「約束を伴うのが証券」としています▼

ちなみに、本来の”証券”は有価証券だけを指すのではありません。
一定の事実を証明する証拠証券と、その証券の譲渡・保有が証券が表章する財産権の移転・行使に結びついている有価証券とに大別されます。

また、有価証券も株券だけでなく、小切手や手形、社債券なども含みます。祥子証券との違いは、”証券の譲渡”が前提になっているかどうかです

通貨は、ただそこにある「モノ」

仮想通貨の意義としてもうひとつ取り上げられているのが支払手段、つまり「通貨」としての性格です。
これに「約束」はあるのでしょうか?

これについては「ただそこにあるモノ」としています▼

余談ですが、モノが通貨として通用するためには「信用」が必須です。経済学的には次のように定義されています▼

「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」

▼詳しくはコチラ▼

関連するまとめ

日本銀行券も無価値になる?気を付けて!ビットコイン繁栄の裏で詐欺コインが出回る

仮想通貨を勉強していると「詐欺コイン」という言葉を耳にしますが、詐欺コインが流通している理由は何でしょうか?…

ねもとあい / 3853 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。