コロンビアにおける仮想通貨の姿勢

コロンビアでは銀行が暗号通貨に関与することを禁止しており、金融監督局もビットコイン(BTC)への投資や保有を認めておらず、そうしたものに手を出す人々は責任を自分で負うべきだとの考えを出している。また中央銀行はBTCを通貨ではなく資産だと定義している。
ただ中央銀行総裁は現在の金融システム上、暗号通貨は違法であると強調している。つまり厳密な法規制が敷かれているわけではないが、コロンビアは暗号通貨に対して否定的な姿勢である。

仮想通貨やブロックチェーンに関する審議

コロンビア上院議会は6日、「デジタル経済を現代化するメカニズム」としての仮想通貨やブロックチェーンに関する審議を行った。議会が7日にプレスリリースを出した。

緑の党のアントニオ・ナバロ・ウォルフ上院議員は、上院第三委員会を招集し、コロンビアの中央銀行や財務省、情報技術・通信省、金融監督院も委員会に参加した。
今回の議会の中で議員は「ブロックチェーンを政治や行政、経済分野に取り入れることで国民の生活を変えられる可能性がある」と述べブロックチェーン技術に対して積極的に取り組む必要があると主張した。
コロンビアでは先月企業によるブロックチェーン協会が発足し、その際に「既存の金融機関は権力を乱用し、不必要な手数料で顧客を苦しめている」痛烈に批判し「信頼性のある金融業界を構築するためにブロックチェーン技術は必要だ」としていた。
仮想通貨とブロックチェーンの双方を、「コロンビアのデジタル経済を現代化させるメカニズム」として特徴づけた。また、17年の仮想通貨マーケットの急成長によって、コロンビア国民がデジタルアセットに注目するようになったと同時に、規制による保護の必要性を高めることに関心が広がったことにも言及した。同氏はこの目的を達成するため、こうした新しいテクノロジーの導入及び行政監督の双方を遂行するよう財務省に要請した。

今後の展開の見込み

コロンビアでは国内にある6社の企業が提携し、ブロックチェーンの分散型原則を傷つけることなく、十分な説明に基づいた新しい金融テクノロジーの導入を促進するために、コロンビアブロックチェーン協会を設立しました。

この協会では、コロンビア国内での仮想通貨とブロックチェーンの普及を促進し、規制に関する事項について中央政府に助言を行うことを目的としているようです。
ウォルフ議員はスピーチの中で、行政や経済、政治分野でブロックチェーンを適用することで、「コロンビア国民の生活を変えられるかもしれない」と述べ、上院議会はブロックチェーンをより深く「調査」する必要があることをアピールした。

ウォルフ議員は、選挙システムの安全性と透明性の強化、スマートコントラクトの促進、公共サービスの運用支援といった、ブロックチェーンが秘める可能性に言及した。
今回の上院議会でのブロックチェーン技術に対する考えは同協会を近い考えであるため、今後彼らが協力して技術研究に取り組むことでコロンビアのブロックチェーン技術導入は早まるのではないかと思われる。

コロンビア上院議会が、仮想通貨やブロックチェーンに関する審議を行いました。上院議員であるアントニオ・ナバロ・ウォルフ氏は、ブロックチェーンがあれば行政、経済、政治分野において生活を変えられる可能性があると考えているようです。

ブロックチェーン協会も新しく設立し、コロンビアの仮想通貨状況に変化がありそうな気配が見え、今後注目が集まりそうですね (*^-’*)♡

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです