”無断”仮想通貨マイニングの16人、警察が一斉検挙

昨年から仮想通貨界隈をにぎわせていた”勝手にマイニング”。
「無断で自分のPCやスマホを使われてマイニングされるなんて気持ち悪い」という声がある一方、「アフィリエイトよりも効率がイイ」として自分のWebサイトに設置するケースなどもありました。

賛否両論ある”無断”マイニングスクリプトの設置ですが、今後は犯罪になる可能性が高そうです。

先日、警察がCoinhiveなどによる無断仮想通貨マイニングをした16人を一斉検挙しました▼

同意なしに他人のパソコンを使い、仮想通貨の獲得手段である「マイニング(採掘)」をしたなどとして、神奈川や愛知など全国の10県警が不正指令電磁的記録作成容疑などで計16人を摘発したことが14日、警察庁のまとめで分かった。
16人は18~48歳の学生や会社員、自営業など。全員男で、3人が逮捕、他は書類送検された。
Coinhiveを使った「無断マイニング」で検挙に

Coinhiveを使った「無断マイニング」で検挙に

検挙の対象となったのはいずれも

・運営するサイトに仮想通貨「モネロ」をマイニングする「コインハイブ」というプログラムの設置
・サイト閲覧者のパソコンCPUを原動力に無断でマイニングをさせた

というもの。

これはこれまでも話題になっていた「Webに設置されたスクリプトによるマイニング」です▼

ちなみに警察は検挙の理由については以下を挙げています▼

▽閲覧者の同意を得ないままパソコンに高い負荷をかけて電力を消費させている
▽報酬を得ている

言い方を変えると、「最初から同意を得た上での間のCPUを使ったマイニングは違法ではない」ということです。

よって、一時期批判も集まっていた国連の「Coinhiveを使ったマイニング収入で途上国支援」はOKとなります▼

検挙された1人、ホームページで経緯を公開

検挙の対象となったとあるデザイナーさんは、その警察の検挙の経緯を自身のウェブサイトで公開しています▼

流れはおよそ次のような具合です▼

何の説明もないままワゴン車で自宅に輸送され、令状を見せられて家宅捜索開始。
罪状を告げられてもまったくピンときておらず、ただただ指示されるまま端っこでボーッと突っ立って、訳もわからないままパソコンが操作されるのを見守っていました。
数時間の問答でどうやら「Coinhive」が原因らしいことを察しました。
警察「全ページでCoinhiveを動作させるためにhead内でスクリプトを読み込んだね?」
僕「いえ、head内で読み込んでいるのは読み込みのタイミングの話なので全ページうんぬんとの因果関係はありません」
警察「は? 全ページで読み込んでるでしょ?」
僕「そこじゃなくて因果関係にない、って話です」
警察「適当なこというと不利になるよ?(威圧)」
僕「適当に言いたくないから言ってるんでしょう!?」
(以下一時間繰り返す。)

みたいな問答が多々ありました。サイバー課とは……
午後は指紋をとったり身体測定を挟みつつ、相変わらず調書作成が進み、まもなく終了かと思えば突然私服の男が取調室に乱入してきて、
男「モロさんよォ? 反省してんのか?(入室)」
僕「!?」
男「お前がやってることは法律に引っかかってんだよ! わかんだろ?」
僕「え、それは」
男「反論してんじゃねぇよ! 引っかかってんだよ、法律に」
僕「……」
男「だから警察がガサやってんだよ! お前がどう思おうが関係ねえんだよ。わかるか?」
僕「はい……」
男「結婚して奥さんもいるんだろ? またやんの!?」
僕「やらないつもりです……」
警察「やんねぇだろ。だったらちゃんと反省しろよ(退室)」
今にして思えば、


・前例がない事件のため調書の上で可能な限り「金にがめつい悪人」のように演出する必要があった
・調書のためにどんな形でも「反省してます」の一言が必要で、苦肉の策として私服の男が導入された

という背景が想像できます。
3月下旬、検察庁での取り調べ。

取り調べ自体は警察のものと違って「裁判できるけどする? しないよね? はい罰金10万円〜」くらいのノリであっという間に終わりました。

詳細はコチラ▼

関連するまとめ

ドイツ大手高級自動車「ポルシェ」がブロックチェーン技術導入試験成功|車両に初で6倍高…

ドイツの高級自動車大手ポルシェが、自動車メーカーとして初めて車両に、ブロックチェーンを導入するテストに成功し…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 14937 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。