当サイトでも何度か取り上げています、
米調査会社Weiss Ratingsの
93種類の「仮想通貨格付けランキング」が
新たに更新されました。

Additionally, Weiss has, for the first time, revealed its two underlying component grades for each cryptocurrency. One grade scores a cryptocurrency’s technology and adoption, while a second rates its risk-to-reward ratio. Explains Weiss Ratings’ founder Martin Weiss:

また、今回から初めて、2つのコンポーネントグレードを明らかにしました。
1つ目は、仮想通貨の技術と導入となる普及状況を評価
2つ目は、報酬対報酬比(リスク報酬比)を評価

新たな評価を追加した最新の格付けランキングを発表しています。

Weiss Ratingsでは、両方を含む全体的な分析を行っているとしています。

トップクラス7種類の仮想通貨だけ(5月22日作成時点)

これだけの時価総額を有する仮想通貨(暗号通貨)のうち、
“たった”7種類だけが
現在B以上であるトップクラスだと発表しています。

Bitcoin(BTC)、Cardano(ADA)、EOS(EOS)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)、Stellar(XLM)、TRON(TRX)です。

Those seven are Bitcoin (BTC), Cardano (ADA), EOS (EOS), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Stellar (XLM), and TRON (TRX).

B-以上の総合評価を得たのは、
ビットコイン、カルダノ、イオス、
イーサリアム、リップル、ステラ、
トロンの7種類だけ▽

※評価は、
A=”Excellent”素晴らしい、B=”Good”良い、C=“Fair”まあまあ、D=”weak”弱い、E=”very weak”きわめて弱い、となっています。
さらに各階級内でも「+」「-」評価がなされています。

For the first time, Weiss has also disclosed the grades behind each rating, explaining, “Bitcoin’s B- rating is composed of a B grade for Technology/Adoption and a D+ for Investment Risk/Reward; EOS’ B rating is composed of an A- grade for Technology/Adoption and a C- for Investment Risk/Reward; and Ethereum’s B- rating is composed of a B grade for Technology/Adoption and a C- for Investment Risk/Reward.”

また、更に細かく見ていくと、
ビットコインのB-格付けは、
・テクノロジー/採用のBグレード、
・投資リスク/報酬のD +で構成。

EOSのB格付は、
・テクノロジー/採用のAグレード、
・投資リスク/報酬のCで構成。

イーサリアムのB格付けは、
・テクノロジー/導入のBグレード、
・投資リスク/報酬のCで構成

評価の内訳をみると、“仮想通貨の技術と普及状況”の評価はどの仮想通貨もB-以上と高かったものの、“投資のリスクと報酬”に対する評価では最高でもC-にとどまるという結果だった。

なお、初めて当サイトでも
初めて格付けランキングをご紹介した1月と比較すると、

Bitcoin(BTC)(ビットコイン)B- ……1月「C+」
Cardano(ADA)(カルダノ)B …………1月「B-」
EOS(EOS)(イオス)B …………………1月「B」
Ethereum(ETH)(イーサリアム)B- …1月「B」
Ripple(XRP)(リップル)B- ………‥1月「C」

※格付けランキングは有料のため、
Stellar(XLM)(ステラ)B- と
TRON(TRX)(トロン)B-の
前回は確認ができません。

また、有料のランキングですが、
登録をすることにことにより「今週だけ」
無料で見ることができるようです。
継続については有料課金となっていますが、
前文英語での案内ですので、
有料と無料をお間違えにならないようご注意ください。

1月の格付けランキング記事▼よろしければご覧くださいね。

仮想通貨格付け「ワースト4」

Bitcoin Gold(BTG)、Bitcoin Private(BTCP)、Electroneum(ETN)、ReddCoin(RDD)の4つです。

Those four are Bitcoin Gold (BTG), Bitcoin Private (BTCP), Electroneum (ETN), and ReddCoin (RDD).

ワースト4は▼
Bitcoin Gold(BTG)ビットコインゴールド、
Bitcoin Private(BTCP)ビットコインプライベート、
Electroneum(ETN)エレクトロニウム、
ReddCoin(RDD)レッドコイン

関連するまとめ

ブロックチェーンのおかげ?技術の中心地がシリコンバレーからアジアへ|投資額・企業数・…

ブロックチェーンによりIT技術のシリコンバレー一極集中状態が変わってきています。仮想通貨やブロックチェーンへ…

鈴木まゆ子 / 953 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。