世界初!銀行でビットコイン送金

アルゼンチンの銀行Banco Masventas(BMV)は地元のブロックチェーン金融サービススタートアップ企業Bitexと提携を行った。これによりビットコインを利用した新たな国際送金サービスを発表した。
BMVのFacebookでは以下のような投稿がされました。

Bitexとの提携のもと、国際間の送金・決済において以下のような特徴を持った新たなサービスを開始します。
・口座間で直接送金実行
・短時間
・低い手数料
送金のためにビットコインを採用した民間銀行はBMVが世界で初であるようだ。顧客は、国際送金の際に通常のSWIFTかビットコインを選択できるようになった。

BMVによるとビットコインの送金は50を超える国へ送金が可能であるとのことだ。SWIFTでは2〜3日以上かかっていた送金時間が、ビットコインを使えば24時間以内に完了する。しかし、手数料は送金額の3%になり決して安いとは言えない

SWIFTとは

同行によると従来の国際送金のシステムであるSWIFT(国際銀行間通信協会)に替わるサービスを目指しているとのことです。

Bitexとは

Bitexはラテンアメリカ拠点のスタートアップです。現在、ブロックチェーンを利用した分散型の取引システム、ならびに銀行向けインフラを提供しており、世界8カ国にサービスを展開しています。その他にも、個人・法人向けの仮想通貨決済システムも開発しています。

ビットコイン送金の背景

法定通貨の価値が下がるアルゼンチンでは、資金を国外へ逃がそうとする動きが強まっており、その煽りをうけた結果がBMVのビットコイン採用に繋がったものと思われる。ビットコインのネットワークはすでに世界中の国に広がっており、法定通貨の価値が減少する国では、市民が通貨をビットコインを活用して国外送金するなどの事例が増えている。
アルゼンチンでは4月に首都ブエノスアイレスで「Bitcoin Day」と呼ばれるイベントが開催され、ビットコイン支持者が多く存在する。また、ビットコインATMの設置も進んでいる。
今後顧客がクロスボーダー取引を実行しようとした際、BMVはBitexをプロバイダーとして利用することになります。顧客にとっては非常に透明性が高い状況になるでしょう。

銀行によるビットコインを利用した国際送金サービスが始まります。

現時点では、手数料はそれほど安いわけでもないようですが、

今後世界中の民間銀行で、仮想通貨を利用した国際送金サービスが

増えていくと、もっと手数料も安く、便利になっていくと考えられます。

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです