Bloomberg×Galaxy Digital Management、仮想通貨インデックスを発表

米大手経済・金融情報通信のブルームバーグとゴールドマンサックス出身のマイケル・ノヴォグラッツ氏が経営する仮想通貨商業銀行「ギャラクシー・デジタル・マネジメント」は、「ブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨インデックス(BGCI)」を開始することを発表しました。

ブルームバーグ側のメンバーは次のように語っています▼

「ブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨インデックスの立ち上げは、我々の顧客の仮想通貨への関心が大きくなっていることを反映したものだ」
ノボウィッツ氏はツィッターで、機関投資家が新たな資産クラスとして仮想通貨を扱うため、このインデックスは重要な要素となるとした。

ただし、今回は価格の情報源などについては明らかにされていません。あくまでも規制に則ったものとしての発表にとどまっています。

ベンチマークは「規模の大きさ」「流動性の高さ」

取り扱い通貨の選考基準としては、規模が大きく、流動性も高い通貨を選んだ

インデックスとは、市場全体の動向を示す指標や指数をいいます。
株式や債券などについては、マーケットの個々の価格などから全体の市場動向が分かるように数値化されており、その算定はそれぞれの新聞社や取引所、金融情報会社などが独自に行っています。

「全体」の指標となるわけですから、それなりの影響力がなくてはなりません。
一部のマニアのものではなく、幅広く知られているものなどが対象となります。

指標となる仮想通貨は▼

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
EOS
ライトコイン(LTC)
ダッシュ(DASH)
モネロ(XMR)
イーサリアムクラシック(ETC)
ジーキャッシュ(ZEC)

まとめ

先日、NY証券取引所の運営元が仮想通貨取引所を開設する旨のお話をお伝えしましたが▼

指標の誕生により市場の広がりが期待できるようになるか

指標の誕生により市場の広がりが期待できるようになるか

最近の米金融界の動きを見ていると、次々と仮想通貨事業に参入しているように感じられます。
と同時に、規制をイヤなものとして排除するのではなく、むしろ市場の健全化において欠かせないものとして受け入れています。
今回のインデックス開始もその健全化の一端を担うものではないでしょうか。

今後さまざまな情報公開やファンダメンタルズの設計などが行われれば、既存の投資家だけでなく、一般人においても仮想通貨投資のハードルがより下がったものとして受け止められるようになるのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

中国の苛酷な政策“理財商品取引・海外投資制限”|20ドル上昇する?仮想通貨Bitco…

中国の新たな資本規制案の導入は、これから仮想通貨ビットコインの価格高騰や需要が強まるのではないかと入ってきま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4836 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。