イーサリアムにシャーディングが実装することによりさらに処理能力向上! | 仮想通貨まとめ

イーサリアムにシャーディングが間もなく実装

イーサリアムは、シャーディングと呼ばれる技術によって、まもなく取引処理能力を劇的に向上すると、共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏が4月30日にツイッターで述べた。
ブテリンは同技術の概念実証を示し、イーサリアムで実行するためのアイディアがつまった袋が、よく準備できていると述べた。シャーディングとは、一本のブロックチェーンが処理できる取引の数を増加させる方法である。「オンチェーン」で使用するようデザインされており、複数のネットワークコンピュータが取引の負荷を互いに分割することで、同じ時間内に扱う取引数を有意に増加させる。

シャーディングとは

シャーディングとはブロックチェーン上にあるノードをシャードと呼ばれる複数のグループにランダムに分割するものを指し、トランザクションを割り当てられたシャード内にて処理し、その結果同士を定期的にシャード同士でコンセンサスを取り、さらにシャード内のノードも定期的にランダムに入れ替えていく仕組みになっています。
For those who don’t know, sharding is defined as a method that increases the number of transactions a blockchain can process at one time. How does it increase the number of transactions? Well, multiple networks computers break apart the transaction workload, dividing it between one another. This allows for more transactions to occur at the same time.

シャーディングは、ブロックチェーンが一度に処理できるトランザクションの数を増やす方法として定義されています。トランザクションの数はどのように増加しますか?つまり、複数のネットワークコンピュータがトランザクションワークロードを分割し、それぞれを分けます。これにより、より多くのトランザクションが同時に発生することが可能になります。

シャーディングの効果

現在イーサリアムが抱えているスケーラビリティ問題に対し、解決する手段として本格的に稼働されれば、トランザクションフィーと処理時間を大幅に圧縮する事が可能です。
最も重要な原理は、一本のチェーンの特性と同等のものに可能な限り近づけることと付け加えており、イーサリアムの開発者たちは、以前からオンチェーン上にてスケールを向上する方法を追求しており、ビザカードのような法定通貨処理業者との競争力を獲得しようと努めています。

ETHの今後は?

イーサリアムは規制当局の取り締まりが警戒され6%急落した。米ウォールストリートジャーナル紙は1日、米国の規制当局がイーサリアムや他の仮想通貨を「証券」として扱うべきかどうかを検証していると報じた。「証券」と判断された場合、投資家保護法が適用され、SEC管轄の取り締まりの対象になる。
As mentioned, there has also been some negative news emerge about Ethereum (ETH) this week. There is a report that has surfaced, stating regulators are debating whether or not to treat Ethereum (ETH) like securities. The report also indicated that regulators are having the same debate over other forms of cryptocurrency. For Ethereum however, the report caused ETH prices to drop in the past twenty-four hours. Currently, Ethereum is down 3.29%.

規制当局がEthereum(ETH)を有価証券のように扱うかどうか議論しているとの報告が浮上しています。 この報告書はまた、規制当局が他の形式の暗号侵害に対して同じ議論をしていることを示している。 しかし、Ethereumの場合、この報告書は過去24時間でETH価格が低下する原因となった。 現在、Ethereumは3.29%減少しています。

イーサリアムが今以上に処理能力が高まることは、

もちろんプラス要素になのですが、

一方で、有価証券としてみなすかどうかの議論もされています。

「証券」と判断された場合、投資家保護法が適用され、

取締が厳しくなるとのこと・・・です。

どのような判断がされるのでしょうか。気になります!

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです