国の仮想通貨取引を監視することを任されている日本の金融庁は、プライベートコインを扱う(払出)交換所に対して静かな圧力をかけているといいます。

日本の金融庁(FSA)は圧力をかけたい仮想通貨がある

日本の金融庁(FSA)は、マネー・ローンダリング、ドラッグ・ディーリングなどの悪質な活動に関連するプライバシー・コインからの脱却を促すとされている。

Japan’s FSA is reportedly urging exchanges to move away from privacy coins, which it associates with money laundering, drug dealing and other nefarious activities.

プライバシーコインとは、匿名性の高い仮想通貨を指しています。金融庁は、コインチェックの事件からも、該当する仮想通貨の取り扱う仮想通貨交換所に対して、暗黙の圧力をかけていると報じているところもありました。

コインチェックがみなし業者から、なかなか登録業者になりませんでした。
これに対して、システムや体制だけの問題だけではなく、匿名性の高い仮想通貨を取り扱っているからだとも、伝えていたことがありました。

幾つかあるうちで、まずは名が提示される仮想通貨は下記の2種類

「プライベートコイン」仮想通貨3種類

4月10日、金融庁の支援の下、仮想通貨に関する専門家のワーキンググループ会議で、MoneroとDashはともに非常に問題のある仮想通貨として言及された。

On April 10, at a working group meeting of experts on virtual currency, under the auspices of the Financial Services Agency, Monero and Dash were both mentioned as highly problematic virtual currencies.

グループの一員は、マ​​ネー・ローンダリングにこれらの2つの仮想通貨が使用される可能性があるとの重大な危険があると指摘し、

One member of the group, pointed out that there was a serious danger these two virtual currencies could be used for money laundering and stated,

「登録された暗号通貨交換がそのような通貨を使うべきかどうかについて真剣に検討すべきである」と述べた。

“It should be seriously discussed as to whether any registered cryptocurrency exchange should be allowed to use such currencies.”

金融庁(FSA)に近い関係者が言うには、追跡が困難なためアンダーグラウンド(表には出せない様な裏と言われる違法・非合法行為の世界)で人気のある(使われる)特定の仮想通貨の使用を阻止するためのあらゆる手段を取っていることを確認している様子。

サイバー犯罪者は、身代金支払いを要求したり、違法な商品の販売に携わったりすると、匿名性の高い仮想通貨を選択します。

その中には、金融庁が言う2種類であるモネロとダッシュが含まれているからです。

日本の当局によれば、不可能ではないにしても、ブロックチェーンや他の公的帳簿を介してMoneroのような通貨の受取人を特定することは非常に困難です。匿名性により、コインはマネーロンダリングに最適です。

According to the Japanese authorities, it is very difficult, if not impossible, to identify the recipients of currencies like Monero via a blockchain or any other public ledger. The anonymity makes the coins ideal for money laundering.

また、モネロに関しては

たとえば、Moneroは、ハッカーがコンピュータにマルウェアを感染させ、CPUを乗っ取って暗号化に使用する「cryptojacking」攻撃にますます関連しています。

Monero, for instance, is increasingly associated with “cryptojacking” attacks, where hackers infect computers with malware that hijack CPUs and use them to mine cryptocurrency.

1月に北朝鮮が資金を調達するためにMoneroを掘っているかもしれないと報告された後は、より金融庁(FSA)から見ても不利になっていました。 。

また、コインチェックで扱っていた仮想通貨内で、モネロやダッシュの他に、もうひとつ同様にプライベートコインだと指摘している仮想通貨は、Zcash(ZEC)ジーキャッシュ。

現在、3つの通貨はすべて日本で合法的に交換することができますが、将来通貨での取引が禁止される可能性があります。

Currently, all three currencies can be legally exchanged in Japan but there is a possibility that in the future trading in the currencies could be banned.

しかし、金融庁(FSA)は、単に日本での取引を効果的に停止させるために、登録された仮想通貨交換に単に圧力をかけることもできる。

However, the FSA could also simply apply pressure on registered cryptocurrency exchanges to effectively stop their trade in Japan.

関連するまとめ

中国が仮想通貨取引所へ閉鎖通知報道|ICOが要因か“米国、香港、韓国、他も発言

中国が取引所の閉鎖を命じるとの報道で仮想通貨が下落しています。本当に閉鎖になるのか、まだハッキリ分かりません…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 16274 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。