仮想通貨”不正”マイニング急増__2017年以降

仮想通貨の不正マイニングが急増したこの1年。

2017年以降急増し、今も波がありつつ行われているとされています。

ただ、この不正マイニング、「いつでも同程度同量で」行われているわけではなく、その頻度に傾向があるのだとか。

チェコに拠点を起き、無料のアンチウイルスソフトなどを開発するAvast(アバスト)の脅威研究所は8月1日、次のような調査結果を発表しました。

日本人を標的とした仮想通貨マイニングマルウェアを使用した攻撃の数が、ビットコインやモネロなどの仮想通貨の価格と連動して推移する傾向がある
仮想通貨の価格が高い時はサイバー犯罪者も仮想通貨マイニングを積極的に行なっており、価格が低い時は攻撃数も少なくなる傾向がある

BTC価格が200万円超を記録した2017年12月、マイニング攻撃数は1か月で310万件超を記録。しかし、▼

2018年に仮想通貨の価格が下落した際には、マイニングの攻撃数も同様に下落して6月には50万回強まで落ち込んだ

”ブラウザ型”でマルウェアが感染する恐れ

なお、不正マイニングのタイプでもっとも有名なのが「ブラウザ型」▼

ブラウザベースのマイニングマルウェアは、マイニング・スクリプトを通じてWebサイトのコード内に実装される。
Webサイトを訪問すると、スクリプトは訪問者の演算能力を悪用する形で仮想通貨マイニングを開始

結果、デバイスであるスマホやPC、タブレットなどのCPUパワーが一気に消費されることに。そのため、弊害として

・デバイスの寿命が縮む
・電気代の高騰
・パフォーマンスの低下

などが生じます。

Coinhiveのようにスクリプト埋め込み型で「見ている間だけマイニングされる=やめればOK」ならばまだしもいいのですが、厄介なのが「マルウェア感染」▼

この攻撃はブラウザベースで実行されるため、ブラウザを実行できるデバイスであれば、感染の可能性がある。

細かい情報は出ていませんが、、

個人情報のハッキングタイプなどと組み合わさっていたら、かなり面倒なことになります。

▼Coinhive(不正マイニングのブラウザ型で有名なタイプ)についてはコチラ▼

感想

感想

インターネット上のさまざまな脅威の一つとして数えられるようになった「不正マイニング」。

正直なところ「防ぎようがない」というのが本音です。

というのも、善意あるウェブサイトなら埋め込んでいることを告知するでしょうけれど、そうでないところのほうが圧倒的に多いであろうことが予測されるからです。

ブラウザ型については、今年の6月、日本で一斉に検挙が行われましたが、法的判断の妥当性に疑問が持たれています。

適切な法改正も含め、対策が急がれます。

▼よろしければこちらもご覧くださいね▼

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

規制にも熱冷めぬ「ICO」累計2500億円超|仮想通貨の取引“ローカル・P2P”が急…

中国がICOを規制、仮想通貨取引所の停止などで大手BTCCも7年間の動きを停止。世界中でICOについても国々…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11834 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。