IT大手Yahoo!、仮想通貨事業・ブロックチェーン事業に参戦

IT事業大手Yahooが本日、自社の子会社を通じ、仮想通貨取引所を運営するビットアルゴ取引所東京の株式40%を取得すると発表しました。
これにより、Yahoo!は、ブロックチェーン関連領域と仮想通貨事業に本格参入することになります。

取引所の運営開始は今年秋を予定しているとのことです。

▼先日マネックスがコインチェックを完全子会社化しました▼

ヤフーの完全子会社で新規事業を手掛けるZコーポレーション(東京)が今月中に、増資引き受けなどを通じてビットアルゴ株式の40%を取得。
ビットアルゴは昨年12月に金融庁への登録を済ませ、サービス開始の準備を進めている。
ビットアルゴとの提携は噂されていたが…

ビットアルゴとの提携は噂されていたが…

今年3月の時点ですでに「Yahooが提携するのはビットアルゴではないか」とのうわさがありました。
しかし、このとき、ビットアルゴ側は報道を否定しています▼

コインチェック事件の影響からか「安全性」を強調

コインチェック事件の影響からか「安全性」を強調

コインチェック事件への影響と再発への懸念からか、次のコメントも↓↓↓↓

最終的にはマネックスGの完全子会社となったコインチェックですが、この買収劇以前、Yahooにも提携を申し出ていました。
しかし、訴訟リスクを恐れて断りを入れたYahooでもありました。

今後、コインチェック事件の二の舞を踏まないよう、内部統制を徹底して行っていくかと思われます。

大手企業による既存取引所の買収は今後も続く見込み

Yahooの仮想通貨事業への参入は以前から噂されていました。
これについて、3月、Yahooの川辺副社長は次のように答えています▼

金融庁は仮想通貨取引所の新規登録で審査を厳格化するとしており、参入するには(既存交換所を)買収などしない限り難しい。
まとめ:今後の取引所競争は「資本力勝負」

まとめ:今後の取引所競争は「資本力勝負」

現在、金融庁には仮想通貨交換業者の登録申請が殺到しています。
同時に、コインチェックでのNEM流出事件以降、審査は厳格化。
イチから申請するとなれば2年かかるとも5年かかるとも言われています。
最短で2年であったとしても、その時期に仮想通貨取引所として登場してももはやブームは去っています。
よほどの強みがないかぎり、ほとんどのパイは他の取引所に食われたまま、となります。

だからこそ、「カネで時間を買う」意味があるのです。

となると、今後の取引所間の競争は「資本力競争」になる可能性があります。

どれだけ金をつぎ込めるか、
どれだけ人材がいるか、
どれだけ強みを打ち出せるか、
どれだけ安全性を担保できるか、
どれだけ顧客サービスに応えられるか、
どれだけ時代に柔軟に対応できるか。


昨年は「取引所口座から仮想通貨がいつのまにかなくなっていた」というツィートをしても「そんなの知りません」という取引所CEOの返信があるだけでしたが。。。


今後、そのような事態が起きた取引所は淘汰の波にのまれ、より安全でていねいなサービスを行ってくれる「大手の」取引所のみが生き残るのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨は損ですか?|仮想通貨を使った相続税対策とは

2015年の相続税の増税により、さまざまな相続税対策本やセミナーを見かけるようになりました。 しかし、本やセ…

鈴木まゆ子 / 6822 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。