ブロックチェーン×ゲームが次々登場

ゲームの世界もブロックチェーンを活用

ゲームの世界もブロックチェーンを活用

金融や不動産などでブロックチェーンの活用が試みられていますが、ゲームの世界も例外ではありません。
ブロックチェーンを活用したゲームがここ最近、次々と登場しています。

戦国ブロックチェーンゲーム「サムライクリプト」

戦国ブロックチェーンゲーム「サムライクリプト」

サムライクリプトはブロックチェーンを利用した対戦カードバトルゲームです。キャラクターをイーサリアムで購入し、配合していくことで自分だけの新たなキャラクターが生まれます。
生まれたキャラクターを育成し、他のユーザーとバトルして戦国の世を統一していくゲームとなります。自分の育てたキャラクターや配合に必要なキャラクターを、イーサリアムを使い、世界中のユーザーと売買することが可能です。
仮想仔猫

仮想仔猫

「ゲーム内のキャラクター自体が仮想通貨」というものもあります

愛らしい「仮想子猫(クリプトキティーズ)」と呼ばれる異なった性格の猫のイラストを集めるゲームがイーサリアム上で人気を博している。
子猫自体が仮想通貨であり、これを売買するという発想に新しい時代を感じた人も多いだろう。1000万円以上で取引された仮想子猫もいた
仮想通貨×ポケモン=イーサエモン

仮想通貨×ポケモン=イーサエモン

また、ゲーム内のトークンを仮想通貨イーサリアムに交換できるものもあります。
ポケモンキャラクターを応用した「イーサエモン」。名前がベタですが(^▽^;)

イーサエモンにはイーサリアムという仮想通貨の技術が使われています。
MonSeeker(イーサエモンマスター)になって、プレイヤー同士で戦ってEMONT(ゲーム内通貨)を集めることができます。

このEMONTという通貨は独自通貨(トークン)と呼ばれます。わかりにくい人はとりあえず仮想通貨と考えておきましょう。
EMONTという通貨は上限枚数が2000万と決まっており、プレイヤーは自慢のイーサエモンを戦わせながらEMONTのゲットを目指します。

いずれその通貨もビットコインなどの仮想通貨と取引できるようになれば、イーサエモンで戦いに勝てば勝つほど資産が増えます。

▼▼▼ゲームキャラクターが成長したり進化したりするのは他のゲームでもありますが、イーサエモンならでは…というより、仮想通貨ゲームならではの特徴があります▼▼▼

このイーサエモンが一般のゲームと違うところは、自分の育てたイーサエモンを他者に貸したり、売ったりすることでお金(EMONT)を稼ぐことができることです。
もちろん、EMONTはイーサリアムと変換をすることができるので、イーサリアムを取引所へ送金し法定通貨に変換することが可能です。

なぜゲームにブロックチェーンが使われるの?

「ゲームにブロックチェーンなんていらなくね?」

と、普段ゲームをやらない私は思ってしまうところですが、、、


ゲームの世界にブロックチェーンが必要な理由があります。
その理由は、他の分野である金融や不動産、行政などと同じものです↓↓↓↓

ブロックチェーン技術を使うことによって次のようなメリットがあります。

1.データの改造ができなくなる
2.データが紛失しない

メリット1:ゲームデータの改ざん防止

ポケモンをよく知っている人なら、個体値をいう言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?ポケモンマニアの間では、個体値の高いポケモンをゲーム内でゲットすることが重要です。
しかし、中にはズルをする人もいます。そう、データの改造です。

ポケモンでは度々改造されたポケモンがオンラインでトレードに出て問題になります。
ブロックチェーン上で展開されたゲームでは誰もデータの改造を行うことができません。

メリット2:ゲームデータの紛失防止

一般的なゲームだと、当然の事故等でデータを紛失していますことがあります。
しかし、仮にイーサエモンの管理者がいなくなったとしても、イーサエモンはブロックチェーン上で動き続けるので、データが消えることはありません。

ブロックチェーンの強みのひとつが「1つの管理者に依存しなくてもいいこと」。
つまり、みんなで記録しみんなでチェックしみんなで情報共有する、という点にあります。

そのため、特段の管理者がいません。また一部システムダウンしたとしても記録はなくなりません。

ブロックチェーンの強みが、より公平で安全なゲームを成り立たせるのです。

参考:ゲームのためのICO、ゲームのための仮想通貨も

関連するまとめ

仮想通貨法案続け|中国政府もデジタル資産法改正に動く?商品から物件へ

ビットコイン最大取引額の中国において中国政府は最近、「仮想資産法(Virtual Property Law)…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4285 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。