モネロがハードフォーク

モネロの特徴とは

モネロの特徴とは

ブロック生成時間は2分と、ビットコインの5分の1というスピードです☆

発行上限枚数はありませんが、いったん1,840万枚まで発行されるとその後は毎分わずかなXMRが発行されていく…という仕組みになっています。

ただ、ビットコインでも2,100万枚という発行上限がありますので、大きな額が動くと市場に響きやすい=なんかあるとバレることになります。

のちほどお話ししますが、モネロは犯罪に利用されやすいコインのひとつなので、その心配が比較的少ないと言われています♪

そしてそして、モネロといえば知られているのが、その犯罪に利用されやすい(´;ω;`)という「匿名通貨」であること!

匿名性が高い通貨モネロ(XMR)がネットワークアップグレードが実施されハードフォークが行われました。

モネロが分裂しすぎて大変なことに!!【Monero】【ハードフォーク】【仮想通貨】 - YouTube

出典:YouTube

4種類の名前は

Monero Classic、Monero-Classic(XMC)Monero 0(XMZ)とMonero Originalとい4つの新しい通貨も誕生しました。

何のためのハードフォークか

このハードフォークは4月30日に実施予定のモネロVのハードフォークではなくBitmain社のCryptoNightをマイニングするためのASICSに対抗するためのものだと発表されています。

新しいモネロそれぞれの特徴

モネロクラシック

初期のBitcoinエバンジェリストとブロックチェインエコビルダーと呼んでいるPZという男が率いる。彼らは、業界で一般的な現象となっている専門の採掘機、専門ASIC採掘機の存在を受け入れています。彼らは、Moneroで鉱業を行うプロのマシンを持つことで、ネットワークのセキュリティが大幅に向上すると考えています。

モネロクラシック

Moneroの古典の主なメッセージは、開発者が仕事の証明を変更することにより集中化が増え、地方分権が損なわれると信じていることです。彼らは現在のMoneroハッシュレートの約80%が彼らの立場に同意し、POWの変更に従うことを拒否している。そのため、元のルールに従った元のソフトウェアを維持することを事前に宣言しています。

Monero 0

彼らはMoneroプロジェクトを中止してMonero 0を開始することを決めた団体です。彼らは、Moneroプロジェクトの継続的なフォーク戦略が、もはや安定した戦略ではないと判断しました。彼らは、聡の作業実績が分権的合意のための唯一の仕組みであると信じている。

Moneroプロジェクトで中心的に義務付けられているいわゆる「ネットワークアップグレード」は、MoneroネットワークでのProof of Workの有効性を損なうように設計されたトロイの木馬です。Monero 0はフォークではなく、元のMoneroです。

Moneroオリジナル

Monero Originalやその背後にいる人々についてはあまり知られていません。

プロジェクトには GitHubがあり、 複数の 店舗にプレスリリースを送った。このプレスリリースには多くの情報が含まれていませんでしたが、「Monero Original teamの主任開発者」の声明が含まれていました。

4月30日ごろハードフォークでモネロ V が誕生

ハードフォークはイーサリアム(Ethereum)のようなアップグレード型のハードフォークではなくて、ビットコイン(Bitcoin)からビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が誕生したように新しいフォークコインが誕生するタイプのハードフォークになります。

いつ頃分裂か

2018年の4月30日ごろ(予定)の1564965ブロックでモネロ(Monero)がハードフォークを引き起こして、そのあとの数日程度でモネロV(MoneroV)が付与される予定です。

受け取り方は

モネロV(MoneroV)公式サイトによると、現在の段階でモネロV(MoneroV)のサポートを表明している取引所はありません。

そのため、確実にモネロV(MoneroV)を受け取るためにはウォレットなどに移動させておくことが推奨されています。

モネロV(MoneroV)公式サイトにより推奨されているのは以下の二つの方法です。

1. GetMonero.org

2. Mymonero.com

モネロは発行枚数の上限を設けていませんが、モネロVは上限があります。

今後これがどういった事になっていくのか楽しみですが、「匿名通貨」は日本では扱われる可能性が低いのでもしモネロVを受け取りたい場合は海外取引所になりますね✨

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するまとめ

インド政府「仮想通貨を禁止せずコモディティとして扱う」|インド中銀は取引禁止を維持、…

インド政府が「仮想通貨を禁止せずコモディティとして扱う」方向で動いていることが明らかになりました。仮想通貨の…

鈴木まゆ子 / 1584 view

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです