同国の銀行資産の80%以上を占める「日本の61の銀行のコンソーシアム」が、リップルのブロックチェーン技術を使用したモバイルアプリの発売に向けて準備を進めているとみられています。

そのRippleの技術を利用したモバイルアプリを、先に導入すると思われる日本の3つの銀行名があがってきました。それも早々に始まる予感である今年の「秋」にも利用することができるかもしれません。

2018年秋Ripple(リップル)技術利用「スマホ送金アプリ」をリリースする銀行

The Japan Bank Consortium will release a groundbreaking smartphone application called “MoneyTap”— powered by Ripple’s blockchain technology — to allow customers of the bank consortium to settle transactions instantly, 24 hours a day, seven days a week.

ジャパン・バンク・コンソーシアムは、Ripple(リップル)のブロックチェーン技術を搭載した画期的なスマートフォン・アプリケーション「MoneyTap」をリリースし、顧客が24時間365日、即座に取引を処理できるようにする。

「MoneyTap」は、同国の複数の異なる銀行によって開発され、使用される最初のモバイルアプリです。

“MoneyTap” is the first mobile app of its kind to be developed and used by multiple, different banks in the country.

日本の銀行のメンバーとは▼

住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行が、2018年秋にはモバイルアプリに初めて登場する予定です。

SBI Net Sumishin Bank, Suruga Bank and Resona Bank will be the first to go live on the mobile app in autumn of 2018.

モバイルアプリ「MoneyTap」は、Ripple(リップル)の分散型台帳技術で動作。
この記事から言えば、スマートフォンで向けの送金アプリケーションを開始するということになります。

取引のスピードを速め、コストを削減が見込まれる

Customers from the consortium’s banks will be able to make instant domestic payments using a QR code, phone number or a bank account number, Ripple adds, resulting in a far easier and convenient process compared to traditional bank transfers.

コンソーシアムの銀行の顧客は、QRコード、電話番号、または銀行口座番号を使用して即座に国内の支払いを行うことができます。Rippleは従来の銀行振替に比べてはるかに簡単で便利なプロセスを追加します。

さらに、MoneyTapは、国内の現金送金に現在適用されている既存のバンキングおよびATM料金に関連するコストを削減し、これらの支払いをより速くするだけでなく、全体的にコストを削減します。

What’s more, MoneyTap helps shed the costs associated with existing banking and ATM fees that are currently applied to domestic money transfers in Japan, making those payments not just faster, but cost less overall.

電話番号などを利用して決済するスマホアプリは世界的潮流であり、複数の銀行が主体的に提供するサービスは本邦初となる。

SBIリップルアジアのCEO、沖田隆氏は

「銀行コンソーシアムの信頼性、信頼性、リーチと一緒に、支払いから摩擦を取り除くことができ、より迅速で、より安全で、効率的な国内支払い経験をお客様に提供することができます。

“Together with the trust, reliability and reach of the bank consortium, we can remove friction from payments and create a faster, safer, and more efficient domestic payments experience for our customers.”

そして、この取り組みは、SBI GroupとRippleの合弁事業であるSBI Ripple Asiaによるブロックチェーンを通じた「消費者向け小売決済」における最初の注目すべきアプリケーションだとも紹介されています。

Ripple(リップル)は革命を起こしたい

Ripple(リップル)は、国境を越えたグローバルな支払いに関連する問題に対して、解決策を提供することに対して集中してきました。

しかし、ブロックチェーンの力は、グローバルな国際での問題だけではなく、国内の支払い問題の解決にも適用することが可能です。

「私たちは、国際決済の経験を向上させるだけでなく、国内決済インフラストラクチャーのためのアプリケーションを持つ、この生産準備技術を提供することを誇りに思っています。

“We’re proud to provide this production-ready technology that not only improves the international payments experience, but also have applications for domestic payments infrastructure.”

関連するまとめ

確定申告スタート「仮想通貨」計算例|メルカリも同じ雑所得対象

2017年仮想通貨で利益を得た人は、確定申告前で開催された税務セミナーなどにも参加する姿が報じられています。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 16743 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。