仮想通貨NOのアリババ、ブロックチェーン活用はNo.1

仮想通貨NOのアリババ、ブロックチェーン活用はNo.1

仮想通貨もICOもNOのアリババですが、ブロックチェーン活用については世界一といっていいでしょう。
ブロックチェーンに関する特許出願はアリババが世界一多いと言われています。

中国イーコマース大手のアリババが昨年、世界のブロックチェーン関連の特許出願・取得ランキングで世界一だったことが分かった。
物流をメインにブロックチェーンを積極活用

物流をメインにブロックチェーンを積極活用

アリババでは、物流を中心にブロックチェーンを積極活用しています。

中国最大のeコマース企業のアリババ。その子会社のLynx Internationalは、ブロックチェーン技術をクロスボーダー輸送ビジネスに導入することに成功したと発表しました。
同社によると、ブロックチェーン技術をベースにしたこのシステムは、輸入積荷に関する情報を追跡するのに使われるとのことです。

これらの情報には、製品の詳細情報や、輸送手段、関税、中間業者による検査結果などが含まれます。
食品偽装対策にもブロックチェーン活用

食品偽装対策にもブロックチェーン活用

中国ではいまだに食品偽装が重要な問題となっています。

そんな中、アリババではこの問題を解決すべくブロックチェーンを活用しようとしています▼

Jack Ma氏率いる27兆円のeコマース会社は先日、サプライチェーンを通じて本物の食品を追跡するための巨大なグローバルスプレットシートのようなデジタルレジャーシステムであるブロックチェーンの実験を開始すると発表した。
このアイデアは、Alibabaの淘宝とTmallで総勢4億4,300万人のアクティブな買い物客がこのシステムを使って商品の正当性を検証し、危険な偽物を抽出するという考えだ。

▼一昨年にはすでに「ブロックチェーンプロジェクト」を発表していたアリババ▼

ブロックチェーン人材登用に積極的なアリババ

実際、アリペイでは昨年からブロックチェーン関連の技術者の募集を開始している。

単にブロックチェーンを活用するだけではありません。
ブロックチェーンは「これからの技術」。
現時点では人材が不足気味なのが実情でしょう。

そこで、自社のフィンテックペイメントサービス「アリペイ」を通じてブロックチェーンエンジニアを募集したりしています。

また、自社のEコマースのノウハウを活かし、起業家育成大学を今年の春からスタートさせました↓↓↓↓

3月27日杭州にあるジャック・マーが創設した起業家育成専門ビジネススクール「湖畔大学」が開講。
ブロックチェーンを含めた中国のIT中心地杭州で「世界に通用する人材育成」

ブロックチェーンを含めた中国のIT中心地杭州で「世界に通用する人材育成」

杭州はアリババやアントフィナンシャルの拠点であり、人工知能やブロックチェーンなど最先端工学研究の中心地です。
そこでスタートしたアリババの大学は合格率2%以下の超難関。
マー氏は「世界に通用する人材を育てる」といっています。

中心はCEO育成ですが、ここでブロックチェーン教育が行われる可能性は大いにあります。

仮想通貨は禁止するけどブロックチェーン活用には積極的な中国。
その活用や研究をアリババが先陣を切って行っています。

今後は、ブロックチェーン研究をすべく、アリババの拠点である杭州に世界中から人材が集まってくるかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

オーストラリアで仮想通貨が非課税7月1日施行|400万ドル相当家計費支払いの人気

オーストラリアの企業では、税金から水道光熱費、家賃や保険ほか、様々な家計費を仮想通貨で支払えるサービスを提供…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8861 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。