今回の取引所の流出は大きな問題で、多く報道されているのは当然かもしれません。流出の報道だけを別枠としても、他に良い報道はあまり取り上げられていないかもしれません。

ここに仮想通貨(暗号通貨)での慈善活動が広がっている内容をご紹介します。寄付をしているから仮想通貨を認めてほしいという事柄ではなく、単に儲けだけを求められる使い方だけではない人・団体もあるということです。

創設者が匿名のまま残っているパイナップル基金(創設者の好きなパイナップルを団体名に使用)。パイナップル基金については、以前も取り上げておりますが、今まで数々の機関へビットコイン寄付をしています▼

パイナップル基金から500万ドル寄付「オープンメディシン財団(OMF)」慢性複合疾患の研究費に

The last few weeks have seen a lot of doom and gloom on the crypto front. However, there are still lots of positive things happening in the Bitcoin world.

ここ数週間、暗号通貨(仮想通貨)には、あまりよくないことがおきています。そして現在目の前にある状況は暗闇が見え隠れする状況ですね。
しかし、ビットコインの世界では、まだ多くのポジティブなことが起きています。

Back on January 14th, the Pineapple Fund gave $1 million to the Open Medicine Foundation. The OMF is involved in research for ME/CFS (myalgic encephalomyelitis / chronic fatigue syndrome) and other related chronic complex diseases.

パイナップル基金からオープンメディシン財団(カリフォルニア州アゴラ・ヒルズに本拠を置くオープンメディション・ファウンデーション:略OMF)に100万ドル分を1月14日に寄付(送金)されました。

OMFは、筋萎縮性脳脊髄炎/慢性疲労症候群、および他の関連する慢性複合疾患の研究に関与しています。

※パイナップル基金(Pineapple Fund)のPineという名前の誰かがビットコイン送金し、BitPay預金口座に入金され米ドルに換算されている資金。

そして、この寄付を受けたOMFのCEOが、患者コミュニティが感謝していると伝えており、同時にソーシャルメディアには数千ものメッセージがあったといいます。

この病気に苦しんでいる人々に希望を与えてくれてありがとう。私の息子は約10年間それを持っていましたが、その時のほとんどは病気ではなく、深刻なものとして認識されませんでした。もうすぐ苦しみと痛みで終わった人生が終わります。

Thank you for giving hope to people suffering with this disease. My son has had it for about 10 years, most of that time it was not recognized as an illness, let alone a serious one. A life full of exhaustion and pain may come to an end soon for him and other sufferers.

Explanation of ME/CFS & OMF Strategy, Mission and People - YouTube

出典:YouTube

パイナップル基金は非常に多くのメッセージに感動し、更に400万ドル分の追加寄付が2月2日に行われたと報じられています。2回に分けて合計500万ドル分の寄付は、BitPay預金口座に入金され、米ドルに換算されている資金。「筋萎縮性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME / CFS)および関連する慢性複合疾患のために、必要な研究を加速する」方向へ向かっているとも語られていました。

PineはBitcoinのアドレスが今日最も豊富な250アドレスの1つであると言います。

Pine says that his/her Bitcoin address is one of the richest 250 addresses today.

また、昨年12月下旬には貧しい人々のための資本としてGiveDirectlyにも500万ドルの寄付も発表しています。

パイナップル基金は、「貧しい人々のための資本」プロジェクトのために、Give Directlyに500万ドルの寄付を発表しました。

この寄付金は、ケニア、ウガンダ、ルワンダの極度の貧困状態に暮らす人々に直接の現金送金を支援するのに役立ちます。

The donation will help sponsor direct cash transfers to people living in extreme poverty conditions in Kenya, Uganda, and Rwanda.

イーサリアム創設者ブテリン氏「約2.6億円分のイーサ」を寄付

加齢に起因する病気を治療するための研究を慈善募金により行っているSENS研究財団(米カリフォルニア州マウンテンビュー)が、
イーサリアムの共同創業者であるヴィタリック・ブテリン氏から240万ド(約2.6億円)相当のイーサ(ETH)の寄付を受けた。
プレスリリースによると、ブテリン氏は10代で『エンディング・エイジング』(訳注:日本語版タイトルは『老化を止める7つの科学―エンド・エイジング宣言』)を読んで以来、オーブリー氏のファン。

関連するまとめ

仮想通貨だけが危険?|銀行預・貯金も安全じゃない「元本保証」2つの罠

仮想通貨にはデメリットを唱えられることが多いですね。リスクが大きい、ハッカーなどのセキュリティ問題など。そし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7772 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。