取引所に置いておいた仮想通貨が盗まれる事件が相次ぐ

取引所に置いておいた仮想通貨が盗まれる事件が相次ぐ

ここ最近、「取引所に仮想通貨を置いておいたら盗まれた」という案件が相次いでいます。
昨晩も、このようなツィートが流れてきました↓↓

【拡散規模】
コインチェックに不正アクセスされ、二段階認証を破られ、4000リップル 盗られました。
運営に問い合わせると、保証制度は調整中、二段階認証は不正アクセス者が設定したものであるとの回答です...
二段階認証が破られる

二段階認証が破られる

このツィートに反応した人とのやりとりが、この後続きました。
よく盗難に遭うケースとしては「二段階認証をしていなかった」というのが多いのですが、今回については「二段階認証をしていた」とのこと。

二段階認証の方法はgoogle authenticatorを使っていたようです。

二段階認証がなぜ破られたか?についてはいまだに原因が不明です。
一部では「これが原因なんじゃないか」というコメントがされています↓↓

2段階認証を設定したってのは、いわゆるソーシャルハッキングや別サイトの流出パスワードでCCにログインを試行した後、2段階認証の設定を確認したらGmailにログイン試行して、ログインできたら2段階認証の再設定を実行しているんじゃないかな
横からすみません。メールアドレスに侵入されたとしても、2段階認証を設定しているCCのアカウントにログインって可能ですかね?本人のスマホがなければワンタイムパスワードが取得できないかと思うんですが。
私の知人は、コインチェック登録時に送付した写真を送ることで、二段階認証を突破されたらしいです。
その写真は本人も持っていないものらしいです。もちろんクラウドにも。。。

また、去年12月には、Zaifでこのような事件もありました↓↓↓

詳細はコチラ↓↓

保証を言われてもアテにならないのが現在の取引所なのか?

2017年には不正ログインにかかる損失補償を発表したコインチェック

2017年には不正ログインにかかる損失補償を発表したコインチェック

ちなみに昨年、コインチェックはビットフライヤーとともに、仮想通貨の不正ログインに伴う損失補償対応について発表していました。

ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失補償」

当社は、運営する仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。
ユーザーは、二段階認証の設定をすることにより不正ログインによる被害の可能性を未然に防ぐとともに、万が一不正ログインによる被害が発生した場合においても、コインチェックによる補償を受けることが可能です。

補償対象は、「Coincheck」のユーザーアカウントに不正ログインされたことによってユーザーが被る、いわゆる「なりすまし」による損害です。
なりすましによる損害については、1回の請求で最大100万円を補償額と致します。
以上のように損害補償対象のユーザーは

「二段階認証」を設定している人を限定

で補償を行うというものです。

ただし、1回の請求で最大100万円まで補償されるこのシステムについては、コインチェックは2017年12月時点で検討中となっていました。発表されたのは2017年6月です。

そして、昨晩のツィートによれば、この保証は現在も調整中であり、対応してもらうのは難しそうなのです↓↓↓

本日は保証制度に焦点を当てて問い合わせ致します。回答がありましたらまた投稿致します。

ビットフライヤーとコインチェックはそれぞれに保険会社と提携する旨発表していた

「保障」という取引所の言葉を信じて参入してきた投資家としてはたまったものではありません。
しかし、「保障」というからには必ず保険契約もあるはず。

そしてビットフライヤーとコインチェックは、それぞれ三井住友海上と東京海上日動と、それぞれ保険で提携する旨が発表されていました。

これを信じて取引所に登録した投資家も少なくないと思います。
しかし、発表しながら「対応未済」となれば「期待だけ持たされて裏切られた」という結果になります。

これが、投資の結果の損失ならまだ分かります。なぜなら投資は自己責任だからです。
そして、取引所がそもそも安全性をうたっていないなら、そこでの自己管理もまたそれぞれの自己責任となります。

しかし、このように「発表」そして半年以上「検討中」はちょっと違うのではないかな、と感じます。

真に検討中で、投資家の誤解を招かない意図があるなら、発表そのものを控えるなり、あるいは検討中の旨をもっと大きく表示すべきなのではないでしょうか。

さらに、現在保険会社との調整がどのようになっており、どこまで進んでいるのか、なぜまだ実行できないのかを情報公開すべきです。


さらに、盗難に遭った投資家からの問いあわせについても、「回答できません」の一点張りにするのではなく、できないならできないなりに、なぜできないのか、できる対応としては何があるのかなど、誠意をもった回答があって然るべきです。

感想

感想

価格の乱高下に目を奪われがちですが…実は仮想通貨の取引所はまだまだ「危険」です。
だからこそ、ハードウェアウォレットは厳重なパスワードで自分の仮想通貨を守る必要があります。それでも万全ではありません。
仮想通貨は、「一発で儲かる」可能性が高い一方で、「被害に遭う率が猛烈に高い」ものでもあります。
だからこそ、徹底しての自己責任なのです。


とはいえ、人間はもともと安心を求める生き物です。特に日本人はそうです。
既存の金融機関や有価証券などの取引市場が成長してきたのも、この人間本来の「安心」への欲求にこたえてきたという側面があります。

仮想通貨取引については、その新規性やボラティリティの高さ、将来性を謳うのと同時に、なによりも投資家への安心感を提供することが大事なのではないかと思われます。
多少のボラティリティを失っても、安心感が得られるならば、安心して投資に算入する人も徐々に増えてくるのではないかと思われます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

仮想通貨をもっておくことのメリットとは?

仮想通貨のメリットを分かりやすくまとめてみました

仮想通貨のmiracleさん / 3436 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。