SBIリップルアジア、JCB、クレディセゾン、
三井住友カードのアジアパシフィックと
リップルとSBIホールディングスの提携を発表

「ブロックチェーン技術を利用した
ペイメントカード産業のコンソーシア」を設立
※コンソーシアムとは、力を合わせて目的に達しようとする組織や人の集団で共同事業体とも訳されます。

27日(水曜日)に報じられてから、
Ripple(リップル)の価格が15%上昇しました。

仮想通貨市場全体に下落している中で、
現在もRipple(リップル)だけが“緑色”の上昇数値を表示しています。

仮想通貨市場の上位群の中でも
飛びぬけて上昇したRipple(リップル)は、
1週間でみると「68%」も上昇したことを報じられています。

SBIリップルアジア、ブロックチェーン活用でカード業界と連携

SBIホールディングス株式会社と、
その子会社のSBI Ripple Asia株式会社は、
クレディセゾン、ジェーシービー、三井住友カード等と
発足メンバーとして「ブロックチェーン技術等を活用した
ペイメントカード業界コンソーシアム」を設立することを発表しました。

本人確認や不正取引の共有・防止に技術を活用し、カード業界における業務効率化やコスト削減を目指す。
SBI傘下のSBIリップルアジアとJCBが中心となり、ブロックチェーンや人工知能(AI)などの先端技術の活用に向けて実証実験を進める。

分散台帳技術や人工知能等の先端技術を活用し、
「新たな金融インフラ」の検討を行うとしています。

カード業界においても、仮想通貨発行やポイント管理はもちろんのこと、
本人確認、不正取引の共有、不正防止、シングルサインオンなど
幾つかの用途で活用されることが見込まれています。

1月に連合体を設立し、まずはカード10社程度が参加する見通しだ。
カードコンソーシアムの事務局の運営は、JCBとともに、分散台帳技術等に関する知見を保有し、金融コンソーシアムにおける実績を持つSBI Ripple Asiaが共同で担います。
国内外の先端技術を有する企業との提携を積極的に行い、参加各社の業務効率化を実現化するとともに、
ユーザーエクスペリエンスの向上等を通じて利便性の高い決済環境を実現し、キャッシュレス社会による社会コストの低減と生産性の向上を図って参ります。

ご存じの方多いかと思いますが、
SBIリップルアジアはブロックチェーン技術に関心のある
金融機関60行以上が参加する連合体を立ち上げ実証実験を行ってきました。

今後は金融業界にとどまらず、技術を活用できる他業界やアジア地域にも連合体を広げていきたい考えだ。

他に報じられているところを見ると、
今回の新しいコンソーシアムは、
Ripple(リップル)の技術(ブロックチェーン)を搭載した
リアルタイム支払いを可能にした新しいアプリを開発しているとかいないとか。
この開発が本当であれば、Ripple(リップル)のブロックチェーンを使った
決済システムを利用する機関や他分野への利用価値も拡大する可能性が予測されますね。

また、12月の中旬に既に報じられていることとも繋がります。

SBIリップルアジアが主催する日本の金融機関60以上が集まるコンソーシアムは、
韓国最大の銀行であるウリ銀行とシンハン銀行との取引を決済する予定もすでに発表済み。
リップルの決済技術であるxCurrentを使用して国境を越えた決済を近代化します。

リップルプライスが15%に跳躍する

27日の報道を受け、Ripple(リップル)の価格が伸びました。

先週は仮想通貨市場は訂正があったとされ、
トップ10位の仮想通貨は2%を超えることはありませんでした。
しかし、Ripple(リップル)だけは1週間で68%上昇したようです。

リップル市場のマーケットを見ると、
BTCとKRW(韓国のウォン)の取引ペアが、
市場シェアを50%近くまで引き上げていました。
Ripple(リップル)XRPは、
市場全ボリュームの43%以上が韓国の取引所Bithumbでした。
1日明けましたが現在のボリュームも30%以上はBithumbがダントツの取引量です。

関連するまとめ

Googleが出資するripple(リップル)を購入しよう!

Googleが出資するripple(リップル)の購入方法について、詳しくご紹介します(・´з`・)

Rie Yamauchi / 14524 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽