DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所(https://tokyobtc.jp/)が、
↓↓↓
平成29年12月12日をもって株式会社「DMM Bitcoin」に商号変更。
新称号では平成30年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、
仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始するお知らせがありました。

※株式会社東京ビットコイン取引所は、
仮想通貨交換業者の登録を平成29年12月1日付で完了しています。
関東財務局長 第00010号

企業ブランドを効果的に向上することを目的とする商号変更のようですね。
DMMといえば、知る人は古くからFXやネット関係でご存じの会社。
そして、今年は仮想通貨事業に大きく着手していく発表が流れています。
例えば、今回の仮想通貨交換業だけではなく、マニングにも参入。
もともとネットに強い企業ですが、レバレッジ取引も増やしていくことから、
拡大していく意気込みを感じますね。

「DMM Bitcoin」サービスの取引概要(一部)

気になる取扱う仮想通貨の種類が増えるようですね↓↓↓

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

【取引できる仮想通貨は7種類】
ビットコイン(Bitcoin)
イーサリアム(Ethereum)
ネム(NEM)
リップル(Ripple)
ライトコイン(Litecoin)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

・現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペアの取り扱い通貨ペア
(入出庫可能仮想通貨は、当初、ビットコイン及びイーサリアム)

【現物取引は3通貨ペア】
ビットコイン/円(BTC/JPY)
イーサリアム/円(ETH/JPY)
イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)

現物取引は、ストリーミング注文、指値注文、
逆指値注文、OCO(オーシーオー)が可能でより利用しやすい環境を整えているようです。

但し最大発注数量は
ビットコイン/円は最大数が10となっています。
イーサリアム/円(ETH/JPY)・イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)は、
それぞれ100
現物取引の取引手数料は無料

また、レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能になります。
日本円を証拠金にして、取引をすることができ5倍固定。

※ロスカット:証拠金維持率が80%を下回った時点で、
未約定注文を取消後、証拠金維持率が80%を回復しない場合は全てのポジションを決済

レバレッジ取引~取引手数料:無料
レバレッジ手数料(スワップ):日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算

・株式会社DMM.com証券の「DMM FX」を通じて幅広い投資家の方々にご好評いただいている取引ツールと同様な視認性と機能性を有する、利便性の高いPC版及びスマホアプリでの取引ツールのご提供
DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMMFXもあることから、チャートの種類も機能もかなり豊富な様子ですね。

テクニカル指標を多数搭載(移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等)。チャートから発注する機能も搭載してます。

出典:DMM Bitcoin

アプリは、iOSもAndroidにも対応
機能性もパソコン版に匹敵する機能だと紹介されており、
チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能。
提供される内容は充実していそうなイメージですね。

株式会社DMM Bitcoin及び「DMM Bitcoin」の新サービス詳細は下記でご覧いただけます▼

プレスリリースはコチラ▼

DMMのマイニング▼関連記事もよろしければご覧くださいね。

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽