リップル億万長者の伝記が映画に!主演はジョニー・デップ?|仮想通貨の初期投資で一大資産を築くも薬物依存により54歳で急逝 | 仮想通貨まとめ

仮想通貨ビリオネアの伝記映画が企画される

リップルで億万長者になった財閥の亡き御曹司の伝記映画が企画されています。

仮想通貨ビリオネアの伝記映画、ジョニー・デップ主演か

仮想通貨ビリオネアの伝記映画、ジョニー・デップ主演か

その主演にジョニー・デップが起用されるのでは、というニュースが流れています。
情報筋がニューヨーク・ポスト紙に明かした模様。

ジョニーは口を閉ざしているものの、この主役を演じることに乗り気だとのこと。

映画関係者の話では、▼

「これでマシューの夢が叶う。彼はよく、“自分の狂った生活についての映画が作れたら、カッコイイね”と言っていた」

ただ、メロン氏の遺族は、賛成派と反対派の二手に分かれている模様。

反対派からは、▼

「不賛成派にとって、名門メロン家のことが映画になるなど、とんでもない話だ」

億万長者マシュー・メロンってどんな人?

マシュー・メロンはあのモルガン財閥やカーネギー財閥とならぶ名門メロン財閥の御曹司。

メロン家は2016年、フォーブス紙で「アメリカのリッチファミリー」ランキングで22位になり、その総資産額は115億ドル(約11.2兆円)とされています。

それ以上に彼を有名にしたのは「仮想通貨リップルへの早期投資」です。

メロンを魅了したのはリップルが発行するトークンのXRPだった

リップルに投資した理由は「銀行をはじめ金融機関のプロジェクトに用いられる数少ない仮想通貨の一つ」だったからとのこと。

銀行出身者の投資家にはリップラーが多いのですが、彼らの理由ととてもよく似ています。

それ以前に一度ビットコインに投資したこともあるマシュー。
しかし、「薬物乱用者だから誇大妄想に取りつかれているに違いない」と家族から反対を受けます。家族の気持ちに応えるかのように、ビットコインは一部手放していました。

しかし、リップルは手放しませんでした。

「仮想通貨は危険でダークなイメージで、反社会的な印象もあった」
「私は愛国主義者であり、金融の世界を肯定する人間だ。だからこそ、私はリップルに投資しようと思った」

その後、リップルは価格が急上昇。
今年1月時点でフォーブス紙が試算したところによれば、彼の保有するリップルの価格は9億ドルから10億ドル(約960〜1070億円)相当に上るとしています。

「10億ドルの資産をタダで手に入れたようなものだ。でも、私は誰も手を出そうとしなかった分野にただ一人、資金を投じることでこのリターンを得た」

その後、マシューは月額家賃15万ドルのロサンゼルスの豪邸でパーティー三昧の日々を過ごすようになります。

しかし、長期間にわたって彼を依存させ、苦しめてきた薬物は、いつの間にか彼の身体を相当蝕んでいました。

今年4月、この54歳の財閥の御曹司は、薬物依存のリハビリ・クリニックに訪れる予定だったのですが、それを待たずに急逝しました。

想像ですが、彼が生前投資した仮想通貨をめぐって相続トラブルが発生しているものと思われます。
というのも、投資した仮想通貨の秘密鍵はコールドストレージ内にあります。
価格が急落したとはいえ、初期に比べればかなりの価値をもつリップル。

マシューの3人の子どもたちは、父の波乱万丈の人生に左右されただけでなく、その仮想通貨というデジタル遺産についても、振り回されることになったものと思われます。

まとめ

彼は生前、『僕の風変わりな人生の映画が実現したら、どれほど素晴らしいだろうか?』と話していました
感想

感想

一大資産を築いても、その人生が幸せと言えるかどうかは分かりません。

父親はマシューが高校を卒業する直前で自殺。
彼は21歳で、約2500万ドル相当の遺産を受け継ぐことになりました。

その後、ペンシルバニアのウォートンスクールで経営学を学び、投資家としての人生をスタート。一時は共和党の活動に熱心になるのですが、家族からの応援などは得られなかったようです。

傍から見ると孤独に見えるのですが、投資の目線は間違ってはいませんでした。

投資に対する彼の考え方もさることながら、「お金が人を幸せにするのか」「何が人生を狂わせるのか」などを学ぶ上でも、この映画はぜひ、完成後に観たいものです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

Coinbase、Earn.comを買収|仮想通貨のマイクロペイメントが拡散する可能…

米大手仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)がEarn.comを買収しました。Earn.comは仮…

鈴木まゆ子 / 3344 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。