「segwit2x」という言葉を最近よく見かける・・・

Twitterとかでもよく見かける「segwit2x」ってなんだろう・・・

Twitterとかでもよく見かける「segwit2x」ってなんだろう・・・

ビットコインをはじめとする仮想通貨の話題はtwitterやFacebookなどのSNSで日々議論討論が重ねられています。
そんな中、最近よく見かけるsegwit2x。これ、私、全く分かりません。
わからないことには調べるしかない。
というわけで、今回はこの「segwit2x」についてお伝えしていきます。

segwit2xってなあに?

Segwit2xとは簡単に言えば「Segwit」という機能を実装した後にブロックサイズを現行の1MBから2MBへと変更するものです。
現在1MBのブロックサイズ(帳簿のデータ容量)では取引をさばききれない



「Segwit」により取引データを縮小



1MBでもより多くの取引を収納可能に



1MBから2MBに変更する事で更に多くの取引をさばく事ができる

「んんん?だから何?」
というのがここでの私の感想です。
1MB→2MBがsegwit2xなら、じゃあ元々のsegwitって何なんだ?と疑問になります。

ということでsegwitについても調べてみました↓↓↓

segwitとは

Segwitとは「スケーラビリティ問題」に対する一つの解決方法です。
スケーラビリティ問題とは(簡単にご説明させていただきます)、いくつかあるビットコインの問題点のことで、その中で直近の解決しなくてはならないものにビットコインブロックチェーンのサイズが一般で使われる決済システムより小さい事により起こる不都合の問題というものがあります。
ビットコインの取引量がこのままであればいいのですが、今後流通量が増えることにより取引量が増えてしまうと、サイズが小さすぎて取引の遅延や停止が心配される、という問題です。
そこで、一つの案として

「取引のサイズ圧縮」

が提案されております。



それがSegwitです。
取引サイズを圧縮すればサイズが大きくなったのと同じ意味になる

取引サイズを圧縮すればサイズが大きくなったのと同じ意味になる

2008年の誕生以来、取引量は年々(どころか日に日に?)増加しています。
取引量が多くなればその分情報量も増えます。
となると、既存のブロックでは太刀打ちできなくなるわけです。

「じゃあブロックを大きくすればいいじゃん」
と考えてしまうところですが、問題があります。
1つのブロックを大きくすると他のすべてのブロックも大きくしなくてはなりません。
ということはブロックチェーン全体の見直しが必要になります。
また、この過程でブロック全体が壊れてしまう怖れもあります。

「ならば、取引サイズを圧縮したらどう?扱う取引サイズが小さくなれば相対的にブロックが大きくなったのとおんなじだよね!」

として提案されたのがsegwitなのです。

取引サイズが小さくなるということは、その分手間が減るわけです。
つまり送金手数料は安くなる、送金スピードがアップする、同時にビットコインの価格上昇も期待されていました。

そして実際、8月24日に実装されたのですが、結果どうなったでしょうか。。。?

segwitは誰がやる?もうやった?そしてどうなる?

中心メンバーはビットコインコア開発者と主要マイナー

中心メンバーはビットコインコア開発者と主要マイナー

スケーラビリティに関する重要な問題を取り扱うのはビットコインコア開発者と大規模なマイニングを行う主要マイナーです。
これらは有志のエンジニアたち。

そして実際、今年8月24日にsegwitが実装されました。

ただ、実装された結果、期待ほどのビットコイン価格の上昇はありませんでした。
現在、ビットコインを含めた仮想通貨の価格が、技術よりもどちらかというと、中国ICOの禁止やFPモルガンCEOの発言など、公的な発表によって左右されることが多いのはみなさまご存知のとおりです。




segwit2xしたらもっと便利になるからいいじゃん!…と思いきや、そう単純でもなさそう

関連するまとめ

通貨と紙幣は時代遅れ?現金離れが進む世界の実情とは

日常生活の中で当たり前のように価値あるものとして使っている「通貨」ですが、その通貨がなくなる時代がやってくる…

ねもとあい / 2515 view

仮想通貨で儲けるための3つの方法-【1】仮想通貨マイニング

仮想通貨で稼ぐためには3つの方法があります。マイニングについてです。

仮想通貨マスター ケンちゃん / 4015 view

5年後の就活は必須になるかもしれない仮想通貨技術の資格!世界と日本の教育の違いとは

まだまだ日本ではなじみの薄いビットコインやブロックチェーンをはじめとする仮想通貨技術ですが、これからの時代を…

ねもとあい / 3694 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。