この半年で不正アクセスが急増中

仮想通貨が昨年末よりブームになって半年。
これに伴い、仮想通貨口座への不正アクセスが急増しています。
今後も仮想通貨はますます普及していくでしょう。
その将来を考えると、この不正アクセス事件は他人事ではありません。

「ビットコイン」「リップル」などインターネット上の仮想通貨の個人口座が何者かに不正アクセスされ、別の口座に送金される事件が今年1~7月に33件あり、約7650万円の被害が出ていたことが警察庁の調べで分かった。
警察庁によると被害は、2月1件▽5月8件▽6月14件▽7月10件。6月までの仮想通貨ごとの被害状況をみると、リップルが2960万円で最も多く、ビットコイン2929万円▽イーサリアム20万円▽ネム10万円--などと続いた。

月を追うごとに被害件数が増加、そしてやはり主要仮想通貨であればあるほど、被害額も大きくなっています。

同庁は上半期(1~6月)に昨年1年間の約4倍の相談を受けており、中には6300万円が口座から送金されたケースもあった。

参考:不正アクセスとは?

不正アクセスとは、他人のID・パスワード等を使って、本人になりすましてアクセスし、不正に利用することをいいます。

不正アクセスの手段はさまざまありますが、サイト閲覧によるウイルス感染、フィッシング詐欺、パスワードリスト攻撃などが代表的です。

被害の現状

被害の状況としては

・仮想通貨の口座とネットバンキングの両方を不正アクセスして換金・送金
・他者名義の仮想通貨口座を利用して仮想通貨を購入

というのがあるようです。

不正アクセスによる仮想通貨の盗難

仮想通貨の口座にログインするには、パスワードなどの認証が必要だが、何らかの方法で不正にログインされ、口座内の仮想通貨が勝手に別の口座に移されていた。海外などで現金化された可能性があるという。
ネットバンキングのこの手口の不正送金では、19件(計約1億400万円)確認された。うち7件では取引所側が不正に気付き入金を阻止したが、12件で約3500万円の被害が出たという。
ネットバンキングによる被害は減っていたのだが・・・

ネットバンキングによる被害は減っていたのだが・・・

これまでもネットバンキングにより不正送金は多々ありました。しかし、近年、都市銀行を中心に、不正送金のあったIPアドレスを厳重に管理するなどにより、被害は減少しているところでした。

仮想通貨ブームに伴い、この被害が再び増加に転じる可能性も否めません。

口座所有者以外の何物かによる仮想通貨購入

ネットバンキングの電子決済サービスが悪用され、仮想通貨が不正に購入される事件も発生。
ネットバンキングの不正送金では、電子決済サービスで仮想通貨取引所のアカウントに送金する新たな手口が、19件(計約1億400万円)確認された。うち7件では取引所側が不正に気付き入金を阻止したが、12件で約3500万円の被害が出た。

ランサムウェアによる身代金要求

関連するまとめ

オリジナル地域通貨試作! 東京大学、会津大ほか共同|仮想通貨基盤技術ブロックチェーン…

大学までもが共同研究! 仮想通貨Bitcoin基盤技術であるブロックチェーンを活用した地域通貨や機能を研究す…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3086 view

大阪あべのハルカス「近鉄ハルカスコイン」利用者の声|好調な滑り出し“地域仮想通貨”期…

今年の5月に発表されていたブロックチェーン技術を活用した仮想通貨「近鉄ハルカスコイン」の社会運用実験が9月1…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5772 view

仮想通貨ビットコイン沸騰! 時価総額140億ドル(1.6兆円)超|中国内取引増の裏側

仮想通貨ビットコインが現在も10万円台で爆発しています。時価総額は22日時点で“140億ドル”を超え過去最高…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7009 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。